スポーツ

「相撲協会」に負けず劣らずな「レスリング協会」の暗黒さ(3)背景には学閥争いまで囁かれ…

 このほか、レスリング協会のパワハラを暴露した告発状の背景には角界の一門会のような派閥の対立も潜んでいるという。

「今回の告発状の根底にはレスリング界の学閥の問題があります。もともとレスリング界は日体大の一強でしたが、吉田沙保里、伊調姉妹など至学館出身の選手が活躍するなど、女子選手が目をみはる実績を上げたことにより栄監督の至学館が勢力を増した。さらに栄氏がリオ五輪前には強化本部長に昇格し、女子のみならず男子の代表選手まで掌握することになった。このほか栄氏を完全擁護する谷岡副会長も至学館の学長、吉田も一昨年から副学長に就任しています」(女子レスリング関係者)

 これに対し、伊調から信望の厚かった田南部コーチは日体大出身。

「協会では反主流派となり、リオでは強化コーチから外され、警視庁でも別部署に追いやられた。今回の告発状の背後には伊調の親戚を名乗る人物の存在があったようですが、告発者に名前を連ねたコーチはいずれも日体大出身者ばかりでした。窮地の日体大が東京五輪を2年後に控えた今がラストチャンスと、腹をくくってクーデターを仕掛けたという側面もうかがえるのです」(前出・女子レスリング関係者)

 およそ公益法人とは思えぬ醜い派閥争いの狭間で、練習場を奪われた伊調は公式戦には出場せず、いっそう孤高を深めているという。

 今年1月には所属するALSOKの広報担当として9時から6時までで会社勤めするOLに転身しているというが、東京五輪まで残り2年余りでタイムリミットはわずか。

「理事会が選んだ弁護士が関係者を聴取することになるが、仮にセクハラがあったとしても栄氏が本部長の座を追われることはない。というのも栄氏を処分すれば右腕である吉田も追随しかねない。となれば東京五輪のメダルは危うい。告発状では栄監督がリオで『伊調の4連覇は見たくない』と発言したと暴露したが、協会にとってはメダルさえ獲得できれば、誰が取ろうとかまわないというのが本音なのかも」(前出・女子レスリング関係者)

 くしくも3月場所では2横綱が休場し、騒動の張本人だった貴ノ岩の復帰が決定。「雨降って地が固まった」かのように見えたが‥‥。

 去る9日までに、貴乃花親方はレスリングの内紛からヒントを得たのか、相撲協会の体質を問う告発状を同じ内閣府・公益認定等委員会へ提出した。双方ともまだまだ“告発合戦”は終わりそうにない‥‥。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”