芸能

春の刑事ドラマ美女7人の「ピンク私生活」が“鑑識公開”された!

 4月のテレビ欄には刑事系ドラマがズラリと勢ぞろい。まずは、肉体派と頭脳派の刑事がコンビを組んで難事件の捜査に当たる「未解決の女 警視庁文書捜査官」(テレビ朝日系)だ。

 負傷して文書捜査の部署に異動となった武闘派刑事を演じるのが波瑠、その上司を鈴木京香が演じる。どちらも元朝ドラヒロインということで話題を呼びそうだが、どちらかといえば華奢な波瑠に対して肉感的なのは京香に見えるが…。

 これに賛同するのは、芸能評論家の織田祐二氏だ。

「先日の深夜バラエティ『鶴瓶のスジナシ!』(TBS系)で鈴木京香は、即興劇の最後に両腕を胸の下でキュッと組んだ時、熟した胸の膨らみがこんもりとシルクのドレスに浮かび上がっていました。鶴瓶との即興が微妙な間合いで、客席からは笑い声が沸かなかったのですが、最後は彼女の自慢の推定Eカップの魅力に切り替えて見せ場を作るあたり、さすがです」

 一方の波瑠に対しては、これまで多くの浮名を流してきたことから、こんな声が上がる。

「いずれも短期間で関係を終わらせているのが不思議です。意外にもこだわりが強い一面があって、マネージャーも何人も替わっていますから、そうした気質なのでしょう。でも、そんなミステリアスな雰囲気が魅力で、彼女をバックアップしようという業界人も多いため、そうした相手と飲み歩くたび、周囲に勘違いされることもあるようです」(スポーツ紙芸能デスク)

 ついで、犯人を挙げるという意味では、同じ検事役で、「正義のセ」(日本テレビ系)主演を務めるのは吉高由里子だ。

 そんな吉高は今年1月22日に情報番組「PON!」(日テレ系)に出演し、刺激的なエピソードを尋ねられると、家族旅行で流れるプールに行ったときのネタを披露した。

「ワァ~って流れてたら、自分の水着も流されてた。ヨイショって履いた」

 まさかの下半身出し事件をみずから楽しげに衝撃告白したのだった。

 さらに、吉高の妹を演じるのは広瀬アリスで──。

 3月19日発売のアサヒ芸能3月29日号では、こんな“刑事ドラマ美女”7人の色っぽい私生活を詳報している。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
2
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
3
本田真凜、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
4
NHK桑子真帆は「コンバート」も鉄壁守備不変!女子アナ「仁義なき契約更改」
5
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性