社会

梅宮辰夫、顔面大ケガでわかった“高齢者の転倒”の怖さ!

 俳優の梅宮辰夫(80)さんがホテルで転倒し、顔面を30針縫う大ケガを負った。今、このような転倒が増え、転倒死が増え続けている。

 3月15日、東京都港区の東京プリンスホテルで行われた初の「ディナー&トークショー」出演のためホテルに到着した梅宮さん。車を降りて2歩、歩いたとたん玄関前で脚がもつれて転倒。コンクリートに顔面を強く打ち、右側の額と頬、鼻の上など数カ所に裂傷および打撲を負い、30針縫う大ケガを負ったのだ。近くにいた目撃者はこう話していた。

「手でかばうことができなかったため、額の右側がぱっくりと裂け、鼻と右頬を打撲。床には、血がしたたり落ちていた」

 そして娘の梅宮アンナさんは質問にこう答えていた。

「パパ、また転んだわ」

 梅宮さんはよく転倒していたのだ。齢80。高齢者はよく転ぶが、しかしバカにしてはいけない。家の中でも台所や浴室などの濡れている場所や階段、片付けられていない部屋でのコードでのひっかかりや新聞紙での滑りによる転倒事故が後を絶たないのだ。

 実際、40歳以上の転倒事故は増え続け、厚労省の「平成28年人口動態」の調査によれば、転倒・転落による死者数は年間8030人にも上るのだ。そして中でも「スリップ、つまづき及びよろめきによる同一平面上での転倒」による死者は5788人にもなる。ちなみに交通事故による死者数は5278人だ。つまり転んで打ちどころが悪くて亡くなる人は交通事故の死者を上回っているのだ。

 梅宮さんはその後手術を受けた病院からホテルに戻り、ばんそうこうで覆った姿のままショーを行い、「今日は“オペラ座の怪人”だ」とジョークを交えて歌とトークを披露した。幸いCT検査の結果、骨や脳などに異常はなかったことが不幸中の幸いだったが、そうでなかった場合の転倒の危険性は、前記の統計が物語っている。中嶋内科クリニックの中嶋雄一院長が話す。

「原因は、自分は転ばないという過信、慢心と筋力の低下によるバランス感覚の低下によります。細心の注意はもちろんですが、ツエを使うことは必要。また転倒した時ケガを少なくするため、転んだ時に手をつく訓練を家で日頃から行うことです」

 手をつくことで大ケガは防げるというのだから、訓練を面倒くさがってる場合じゃない。

(谷川渓)

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?
2
吉澤ひとみ逮捕の「タチの悪さ」で業界関係者が元モー娘。“苦い記憶”を暴露!
3
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?
4
「過保護のカホコ」高畑充希、番宣であの大御所に触られまくり視聴者ドン引き
5
芸能男女がひた隠す「積年遺恨」18ラウンド(4)柳葉敏郎は酒癖の悪さが災いして…