芸能

嵐・松本潤、「お子ちゃま呼ばわり」直後の“ブチ切れっぷり”がブーメラン!

 3月22日放送の「VS嵐」(フジテレビ系)で、ズバズバ当たる性格診断が特集され、話題になっている。これは、「ディグラム診断」と呼ばれるもので、37万人のデータベースを基にした統計学と心理学から作られた診断法だという。簡単な質問20個に答えるだけで、31タイプの性格に分類することができるという。

「嵐メンバーは、大野智が、『頼れる縁の下の力持ち ご奉仕大好き菩薩人間』、二宮和也が『計算高い欧米人 頭キレキレ冷血人間』、相葉雅紀が『自分への厳しさゼロ 空気が読める詰め甘人間』、櫻井翔が『親分肌のオラオラ系 ストレスフリーの自信家人間』、そして松本潤は『無邪気なハッピー野郎 自由すぎる永遠のお子様』と分類されました。客観的に見て、ピタリ当たっている印象で、メンバーもおおむね満足げでした。ところが、ただひとり『納得いかない!』と終始不満顔だったのが松本で、超不機嫌な様子が番組最後まで続いていたんですよ」(テレビ誌記者)

 いったいどういうことか。どうやら、「無邪気なハッピー野郎~」との診断のさらに詳しい解説が、「天真爛漫で自由奔放。一方で実は寂しがり屋な一面もある。まさに無邪気な子供のような人。感情を隠せないタイプなので、自分の思い通りにいかないと不機嫌になってしまうこともある」の説明が一つ一つそのものズバリだったからのようだ。

「番組では、女性ゲストに『お前にオレの何がわかるんだよ』と毒づき八つ当たりするほどカリカリしてましたね。大きな顔をしているが、実はメンバーで一番の年下。この時は相葉、二宮、櫻井らメンバーからさんざんお子ちゃま呼ばわりされたため、かなりイライラきてました。でも、本当のところを認められない器の小ささが、まさに“お子ちゃま”で、子供っぽいといえば子供っぽい気がしますが…」(芸能ライター)

 とはいえ、松本は嵐のコンサートの演出を一手に引き受け、外部との交渉事や打ち合わせが多く、メンバーから責任感持って職務を遂行する姿が評価され、一目置かれている存在でもある。今回のブチ切れっぷりは、日頃の頑張りがすべて否定されたような気がしたのかもしれない。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
2
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
3
太川陽介のバス旅、あのマドンナが「ヒップ躍動」魅せ!新たな見どころになるか
4
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
5
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性