芸能

アンジャ児嶋一哉の妻はピコ太郎の元相棒!お笑い界の「意外な人間関係」

 アンジャッシュ・児嶋一哉は2011年に坪井志津香さんとおよそ15年の交際を経てゴールインした。だが、今は夜の営みがないことを公言しており、子どもはいない。芸人の妻には一般的に苦労が付き物だといわれているが、坪井さんは強靭なハートの持ち主だと言われている。「ノーボトム!」というテクノユニットのボーカリストとして、相当な苦労を重ねてきたからだとエンタメ誌の編集者は言う。

「『ノーボトム!』とは『ボキャブラ天国』(フジテレビ系)シリーズで人気を得た『底ぬけAIR-LINE』が中心となって活動した音楽ユニットです。お笑いと音楽を融合させたステージを行っていました。何度かメンバーチェンジを経験しながらもシングル5枚、アルバムを5枚もリリースしています。ライブ活動に力を入れていたため、コアなファンがいました。この初代ボーカルが坪井さん。当時は、SIZUKAを名乗っていました」

 底ぬけAIR-LINEは古坂和仁と小島忍のコンビ。古坂とはすなわち古坂大魔王、ピコ太郎だ。つまり、児嶋の嫁は、世界を股にかけて活動するピコ太郎の元相棒だったというわけだ。

「結成した翌年の04年には、音楽イベントや対バンに参加しまくって、知名度を高めようと必死だったといいます。マネージャーの車1台にメンバーが相乗りして、北は青森から南は九州まで周ったそうです。おもにライブハウスだったため、収益は微々たるもの。観客よりスタッフのほうが多かったなんてこともあったといいます。当然、赤字続きだったとか」(前出・エンタメ誌編集者)

 アンジャッシュ結成後、坪井さんと児嶋が20代だった頃は食うに困り、くりぃむしちゅー(当時は海砂利水魚)・上田晋也の家で居候している。児嶋は上田に助けられ、嫁はピコ太郎と苦楽をともにした。お笑い界ではある意味“最強の夫婦”と言えるかも!?

(北村ともこ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
2
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
3
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
4
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!
5
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」