社会

近藤誠が警告「薬を使うと早死にする」(2)医者を食わせるために病気を作る

 とはいえ、高齢者に薬を出し続ければ、必然的に死亡する人数も多くなると思うのだが‥‥。

「高齢化社会とはいえ、実際、日本人の人口は減っています。特に薬をたくさん使っている高齢者は今後、急激に減っていくはず。ところが、反して医者の数が増えている。新たに医者になる数と、引退していく数を差し引きすると、毎年4000人ずつ増えている。つまり医者一人あたりのパイはだんだん小さくなるはずなのに、医者たちとしては、それに抵抗し、国民一人あたりの医療費を増やそうと考えている。新しい病気を見つけたり、作り出そうという方向に拍車がかかるはずです」

 となると、そんな中での、国をあげた減薬のススメには、どんな意味があるのだろうか。

「あまりにもたくさんの薬を出したことで、副作用で体の不調を訴える高齢者が急増してしまった。そこで、多少は手綱を締めなければ、という動きが出てきた。ただ、先にも触れたように経済的な枠が広がらないかぎり、構造を変えることはできないので、不可解な医療行為は今後も増えていくはずです」

 今回の検討会では「患者の服薬状況の一元管理を行う薬剤師が職能を発揮し、かかりつけ医と共同で、医薬品の適正使用を推進してもらいたい」としているが、

「医療費の構造というのは国民健康保険で大半が賄われていて、それを製薬会社と医者とがぶんどり合戦をしている状態。全体のパイはほぼ変わらないので、医者の収入を増やすためには薬代を減らすしかない。だから、ジェネリックが横行している。つまり薬が減っても、処方箋料をもらえる医者にとってはなんら問題ないということです」

 厚労省は「多剤服用解消のカギは多職種連携と患者の理解」としているが、インチキをして国民をだましているにもかかわらず「国民の理解」とは開いた口が塞がらない。

「日本人は『これをすれば健康になる』という情報は大好きですが、負の情報は聞きたがらない。そうではなくて、まずは正確な情報を知ること。それが自分自身の命を守る最良の方法であることを忘れてはならないのです」

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    提供:一般社団法人ブックスサイエンス「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すずや橋本環奈も被害?女優の「透けバスト」動画を載せたYouTuberが物議!
2
ぽっちゃり隠し?本田翼の衣装に騒然!「妊娠の憶測」まで飛び出す異常事態
3
人気女子アナ「ガチ“豊満バスト”番付」9月場所(3)フジ・渡邊渚は大学時代から注目を集めていた
4
マギー、「バストのふくらみ丸わかり」ボディースーツ横胸ショットの“艶度”
5
北川景子、出産報告への祝福裏で指摘された「残酷な現実」とは?