社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<ジェネリック医薬品>「価格は安いが発ガン性物質検出のケースも!」

「先発医薬品とジェネリック医薬品がありますが、どちらになさいますか」──処方箋を持参した調剤薬局で聞かれて戸惑ったことはないだろうか。

 成分や効果はほとんど同じなら、安いジェネリックでよい、と思う人も多いだろう。中にはジェネリック医薬品の意味がわからず、「安物を出された」と感じて医師に不信感を抱く人もいるかもしれない。

 ジェネリック医薬品は新薬として開発された先発医薬品の特許が切れたあとに作られる「後発医薬品」。商標登録の保護を受けず、一般名称で販売される薬の総称だ。日本での新薬特許期間は最大25年で、それを過ぎると先発医薬品とジェネリック医薬品の両方が作られることになる。

 2017年の閣議で、2020年9月までに後発医薬品の使用割合を80%にすることが決定。病院や薬局では「後発医薬品使用体制加算」として、ジェネリック医薬品を使った率に応じて、診療報酬や調剤報酬の保険点数が加算されるようになった。そのため、医療機関にはジェネリック医薬品を多く使うところも多い。

 ジェネリックのメリットは価格の安さだ。基本的には先発医薬品と有効成分が同じで安全とされているが、原料や添加物、製造過程などで異なる可能性がある。特に原料は輸入に頼っている率が高く、安全性のエビデンスが不十分であると指摘する医師もいる。昨年には、高血圧症治療薬のジェネリック医薬品「バルサルタン」の一部から許容限度量を上回る発ガン性物質が検出されるなど問題点も指摘されている。

 そのため、ジェネリック医薬品をいまだ不安に思う人も多いだろう。長期に使用する場合は、先発医薬品とまったく同じものと見なされる「オーソライズド・ジェネリック(AG)」を選ぶことが望ましい。あとは処方した薬の説明を丁寧にしてくれる、信頼できるかかりつけ医師を探すのもオススメだ。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
テレ東・角谷暁子、必死に隠したけど…放送事故級“見えちゃった”大事な部分
2
「豊洲市場を出禁」報道の渡部建、現場の社員から返ってきた意外な答えとは?
3
すみれがスカート奥見せ!太川&蛭子も暴走「旅バラ」再放送の注目ポイント
4
のん“一日署長”姿がすっかり下ネタ扱い…「完全復帰」が実現しない残念現象
5
フジ渡邊渚、「柔らかそう!」絶賛の“Gバスト”爆揺れダンス生披露