スポーツ

古閑美保「小平智と別居」で「一発必中」おねだり(2)夜は「さとし~」と甘え上手に

 今回の優勝で、小平の生活は大きく変わる。

「米ツアーのシード権を獲得して本格参戦となり、2人は米国と日本で別居生活をすることに決めたそうです。古閑はツアーから引退しましたが、解説やレポーターの仕事があるほか、全国を講演して回るなど多忙な日々を送っている。少なくとも今年に限っては、小平が米国に単身赴任し、古閑は今後のスケジュールしだいという感じ」(スポーツ紙デスク)

 古閑といえば、独身時代から「人生最大の目標は主婦!」と公言、「男の子が欲しい~」と言い続けていた。民放局関係者が明かす。

「私たちとの女子会の席でも、美保さんは昔から『子供がプロ野球選手になってくれたらなあ』とよく話していました。過去の交際歴を見ても、西岡剛(33)や、ダルビッシュ有(31)であり、良血なアスリートのDNAを求めていましたね(笑)」

 昨年3月の入籍直後から古閑は「お酒を控えて、子作りに励む」と宣言するほど、常に妊活に積極的だったそうで、

「今年4月の『マスターズ』に向かう前も『新婚旅行よ~』なんてうれしそうに話していましたし、お土産に大量の子供服を買い込んで帰国していました」(民放局関係者)

 日米での別居生活となれば、夫婦の営みも厳しそうに映るが‥‥。小平と親しいカメラマンが話す。

「美保夫人は常にポジティブな人だけあって、逆に子づくりのチャンスと考えているようです。小平はプロ転向当初は今時珍しい『飲む・打つ・買う』の3拍子そろったタイプでした。さすがに今は浮気厳禁ですが、3人麻雀でも卓を囲みたがるほど大の麻雀好き。ただし、主戦場が米国になれば、それもなかなか難しくなる。しっかりとスケジュールを管理・計画して、“一発必中”でいくんじゃないですかね(笑)」

 さらに古閑は、周囲への気配りや自身のオンナ磨きにも余念がない。

「例えば、今回のマスターズでも、腰痛を抱える小平の父親を気遣って、ファーストクラスを用意しちゃうタイプ。そんな美保夫人は『料理上手だけじゃダメ!プロポーションも大切』と話すだけあり、ツアーを引退したあとも週1回のジム通いを欠かさない。昔は飛距離アップのために体重を維持していましたが、今は10キロ以上も痩せてとてもキレイですよ」(民放局関係者)

 加えて、恋多き女の面目躍如か、夜の生活もまったく抜かりはない。

「男性を立てるのが上手ですし、いつもは『さとちゃん』と呼んでいても、夜は『さとし~』って甘えるそうです。『新婚旅行』と話していたマスターズで、すでにご懐妊なんてことがあってもおかしくないほど、夜の“おねだり”をしてたんじゃないですかね(笑)」(民放局関係者)

 さすがは世界にとどろく「あげまん」。7歳年上の姉さん女房だけあって、完璧な操縦ぶりのようだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え