芸能

安室奈美恵ライブに指定身分証持参も入場拒否!?ファンが告発した“非情事態”

 ライブチケットの高額転売を防ぐために、チケット購入者の本人確認を厳重に行うアーティストも増えてきたが、それゆえ、残念なトラブルが起こってしまったようだ。

 5月2日に行われた安室奈美恵の東京ドーム公演に参加する予定だったファンが、チケットを持っていたにもかかわらず入場拒否されたという一部始終をツイッターで明かし、大きな波紋を呼んでいる。そのファンによれば、会場の入場ゲートで本人確認を求められ、顔写真付きの精神障害者保健福祉手帳を提出したところ、「国が発行したものではない」という理由で入場を拒否されたという。その後、ファンは一度、地元の駅に戻るもあきらめきれず、もう一度会場に戻り、スタッフに抗議すると、スタッフは「ダメです」の一点張りだったとか。しかし、しばらくして幹部スタッフが現れ、状況は一転し「これはちゃんとした身分証なので使える」と判断はいったん覆ったそうだ。

 ただ、この時点でライブはすでに終盤。その後チケット会社の社員が現れたといい、そこで謝罪と返金があるのかと思いきや、社員はそのファンが入るべき入場ゲートで「障害者手帳での入場を断った記録がない」といった理由で、不備を認めなかったとのこと。そのため、そのファンは結局、この日のライブには参加できず、返金も認められなかったというのだ。

「入場ゲート近くに防犯カメラが設置されていることもあり、障害者手帳での入場を断った記録がないというのであれば、防犯カメラの映像を確認するようにそのファンは訴えたといいますが、取り合ってもらえなかったそうです。参加する予定であった公演は9月で芸能界引退を表明している安室のライブですから、参加できなかっただけでつらいはずなのに、この対応が事実ならあんまりですね。スタッフ側に不手際があったことは明らかなだけにせめてしっかりと謝罪はしてほしいところ。そもそも、障害者手帳はチケット販売会社が指定していた身分証の中に含まれていましたから、それが提出して使用できないという判断が大問題ですよ。対応したのが仮にアルバイトのスタッフだとしても、チケット販売サイトが定めた規定ぐらいはスタッフ全体で共有させてほしいものです」(エンタメ誌ライター)

 本当ならばゆゆしき問題だろう。セキュリティーを厳しくするのもいいが、こうしたトラブルで、正規のルートでチケットを手に入れたファンがライブに参加できないという事態だけは起こってほしくないものだ。

(本多ヒロシ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
櫻井翔、「嵐にしやがれ」新企画で懸念される肉体の“激ヤバ変化”!
2
6年間で3安打、木口亜矢の年下夫がオリックスを解雇されるも「あまりに妥当」
3
「胸の渓谷」ガチ見え!深田恭子、Fカップ揺らし踊るスケート動画が艶っぽすぎる
4
内田理央、「おっさんずラブ」で見せた同性から嫌われない“パセリ女優力”
5
南明奈 「ノロケまくり交際」よゐこ・濱口にジャニーズ元カレが嫉妬?