芸能

真木よう子が「住民トラブル」で大ブーイング(2)夜遊びに繰り出して不在がち

 路上喫煙とポイ捨ては言うまでもなくマナー違反。通行人にヤケドを負わせることもあれば火事の原因にもなりかねない。だが、問題はタバコに限らないようで、犬の散歩でよくマンション前を通るという男性の近隣住民はこう証言する。

「ああ、マンションの駐車場前に、黒の高級車が止まっているのを見たことがあります。その前で工事をしていて、道幅が狭くなった時に、出入り口を塞ぐようにして停車していたので、『住民の人はいい迷惑だろうなぁ』と思っていました」

 トラブルメーカーは真木に関するオトコだけではない。先の近隣女性住民が、別の日の目撃談を打ち明ける。

「マンションはオートロックで、エントランスに入るにも専用のキーが必要なんですが、ある日、ご高齢の女性が鍵を持って出るのを忘れたのか、中に入れなくて困っている様子でした。最終的には、他の住人の部屋のインターホンを押して開けてもらったようなんですが、その時間というのがまだ皆さん寝静まっているような早朝でしたね。あとで住人の方に聞いたら、真木さんのお母さんだったそうです」

 その真相を確認するため、マンションから出てきた住民に話を聞くと、

「真木さんが住んでいるというのは聞いています。会えば気さくに挨拶してくれますよ。トラブル? ちょっとそういうことはわからないですね」

 と迷惑行状については口を閉ざすのみ。

 真木が家にいれば「早朝ピンポン」は避けられたかもしれない。だが、実際は不在がちで、夜遊びにも繰り出していたようだ。

「年末頃から今年の2月ぐらいにかけて、何度か歌舞伎町の老舗ホストクラブで目撃されています。一説によると、一晩に数百万単位で豪遊したこともあったようです」(芸能関係者)

 マンション住民の大ブーイングにも負けず、オトコ遊びを糧に、再び第一線で活躍してほしいところだ。

「実力のある女優ですから、オファーがとぎれることはないはず。真木の名を世に知らしめた伝説の主演映画『ベロニカは死ぬことにした』(05年、角川映画)では美しいヌードを披露しましたが、事務所やCM契約に縛られることがなくなった今こそ、さらに大胆で過激な作品に出られるはず。心の準備をしておきたいですね」(秋本氏)

 禊の濡れ場で、周囲のバッシングを吹き飛ばせるか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ケガ離脱中」巨人・坂本勇人復帰後の「取り扱い」を原監督が明言した
2
健気!藤田ニコル、衝撃水着ブリッジに「“正面ショット”もお願いします」の声
3
藤田ニコル、インスタに水着姿公開もまさかの「ドテ高」に議論集中!
4
フジ井上清華、割れ目クッキリ四つん這いで髪を振り乱し…「ヌケる!」未公開映像
5
ピンク・レディー「再結成ステージ」がまさかの「15分で終了」のアキレた舞台裏/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史