芸能

有村藍里、ブスイジりに耐え続ける姿に見えてきた「芸能界を生き抜く秘訣」

 有村架純の姉・有村藍里が、4月28日に放送されたバラエティ番組「おしゃべりオジサンとヤバイ女」(テレビ東京系)に、出演。

 2017年3月に旧芸名の新井ゆうこから本名の有村藍里に改名。以降、テレビ出演が増え始めたが、どうしても架純と比べられてブス扱いを受けている藍里だが、そのブスイジリはいまだに続いているという。何でも、番組用の事前アンケートで「ブスでよかったことは何ですか?」と、失礼すぎる質問を番組側から受けたとか。これに対して、藍里は「ブスでよかったことなんてない!」と、怒ってみせた。

「『テラフォーマーズのゴキブリ』や『進撃の巨人の巨人』など、ネット上で誹謗中傷を受ける藍里ですが、最近では番組側にブス前提でイジられるようになっているようですね。今年に入って歯茎を切り、セラミック矯正したりしているところもみると、本気で藍里もブス扱いにはイラついているようですね。過去には番組中で泣いていたこともありましたしね」(エンタメ誌ライター)

 しかし、需要があると感じているからこそ、番組側もブスイジりの展開に持っていっているのも事実。むしろ、藍里にスポットを当てた番組で、ブスイジり以外の話題で盛り上がっていることはあまり見かけることがないほどだ。

「妹のおかげでテレビ出演できたとばかり言われ、ブス扱いを受け続けている藍里ですが、それに耐えられるメンタルの強さはなかなかのもの。何だかんだで芸能関係の仕事を始めたのも架純よりも早く、下積み時代が長かったぶん、ちょっとやそっとでは折れない心を持っていて、それはタレントとして大きな武器になる。本人はブスイジリを本気で嫌がっているようですが、何かしらイジられてこそ、その持ち味が発揮できますよ」(前出・エンタメ誌ライター)

 芸能界で長く活躍していくためには、自身は妹とは違った異端の存在であることを自覚することが一番かもしれない。

(権田力也)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝
2
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
3
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
4
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
5
新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」