スポーツ

「長期政権の確約」で高橋監督が岡本にキツク当たり始めた!?

 阪神、中日との連戦をともに勝ち越し、ヨシノブ巨人が首位広島の追撃態勢に入った。昨季の今頃は球団史上ワーストとなる13連敗に踏み込んだころであり、今年は投打ともに戦力が充実していると見ていい。

「岡本(和真)の活躍が大きい。若手が活躍すると、チームは勢いづく」(スポーツ紙記者)

「もっと早くから起用していれば」の声も聞かれた。高橋由伸監督がようやく若手抜擢を決断できたのにはワケがあった。抜擢失敗後の“保証”も得たからだという。

「ナベツネこと渡辺恒雄氏はヨシノブの10年政権を考えています。ナベツネは昨年で球団の取締役最高顧問職を退きましたが、影響力は変わりません。長い目で高橋政権を応援するとわかれば、失敗の恐れもある若手の起用もしやすくなる、というわけです」(ベテラン記者)

 高橋監督はベテラン阿部慎之助をスタメンで使う時、岡本に三塁を守らせている。岡本の覚醒を遅らせた一因に守備難があり、今後、不慣れな三塁守備が、好調な打撃にも影響しないとは限らない。さらに、

「巨人は内野の連携に関するサインは一塁手が出すんです。すでに岡本は守備による精神的負担を背負っているんです」(前出・ベテラン記者)

 と、岡本は一塁を守っていても、精神的負担は変わらないようだが、高橋監督は、“長期政権”のもとで岡本に対しキツく当たることができるようだ。

 さて、ナベツネが高橋監督の長期政権をサポートするということは、次期監督候補・松井秀喜氏が色よい返事をしていないという意味にもなる。だが、「松井監督」を夢見る関係者も決して少なくはない。チームが優勝を逃した時、フロントが松井派と高橋派で二分する危険性はある。ひょっとしたら、渡辺氏が高橋監督の長期化を早々と決めたのは、松井氏が巨人を捨ててメジャーリーグに挑戦した経緯をまだウラミに思っているからではないだろうか。いずれにせよ、岡本への厳しい育成は変わらない。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石橋貴明もショック?「細かすぎモノマネ」に木梨憲武が出演しない理由
2
松本人志、BTS原爆Tシャツ問題に“号泣マジギレ”も十分ありえた「過去言動」!
3
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(3)かつてのスーパーアイドル・中山美穂も…
4
大みそか「ガキ使」に「新しい地図」サプライズ出演情報も立ちはだかる壁!
5
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(1)期待されていた有働由美子だったが…