スポーツ

「長期政権の確約」で高橋監督が岡本にキツク当たり始めた!?

 阪神、中日との連戦をともに勝ち越し、ヨシノブ巨人が首位広島の追撃態勢に入った。昨季の今頃は球団史上ワーストとなる13連敗に踏み込んだころであり、今年は投打ともに戦力が充実していると見ていい。

「岡本(和真)の活躍が大きい。若手が活躍すると、チームは勢いづく」(スポーツ紙記者)

「もっと早くから起用していれば」の声も聞かれた。高橋由伸監督がようやく若手抜擢を決断できたのにはワケがあった。抜擢失敗後の“保証”も得たからだという。

「ナベツネこと渡辺恒雄氏はヨシノブの10年政権を考えています。ナベツネは昨年で球団の取締役最高顧問職を退きましたが、影響力は変わりません。長い目で高橋政権を応援するとわかれば、失敗の恐れもある若手の起用もしやすくなる、というわけです」(ベテラン記者)

 高橋監督はベテラン阿部慎之助をスタメンで使う時、岡本に三塁を守らせている。岡本の覚醒を遅らせた一因に守備難があり、今後、不慣れな三塁守備が、好調な打撃にも影響しないとは限らない。さらに、

「巨人は内野の連携に関するサインは一塁手が出すんです。すでに岡本は守備による精神的負担を背負っているんです」(前出・ベテラン記者)

 と、岡本は一塁を守っていても、精神的負担は変わらないようだが、高橋監督は、“長期政権”のもとで岡本に対しキツく当たることができるようだ。

 さて、ナベツネが高橋監督の長期政権をサポートするということは、次期監督候補・松井秀喜氏が色よい返事をしていないという意味にもなる。だが、「松井監督」を夢見る関係者も決して少なくはない。チームが優勝を逃した時、フロントが松井派と高橋派で二分する危険性はある。ひょっとしたら、渡辺氏が高橋監督の長期化を早々と決めたのは、松井氏が巨人を捨ててメジャーリーグに挑戦した経緯をまだウラミに思っているからではないだろうか。いずれにせよ、岡本への厳しい育成は変わらない。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
割れ目のドアップが?綾瀬はるか、「天国と地獄」で見せた“よつんばい”ポーズの衝撃!
4
茂木健一郎、鼻マスク受験生“頑な擁護”で想起される「松本人志とのイザコザ」
5
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント