芸能

西城秀樹「63歳突然死」までの傷だらけの「15年闘病」(3)「YMCA」を老若男女の歌に

 同時期にデビューした野口五郎、郷ひろみとともに「新御三家」と呼ばれ、人気を三分した。

「僕がコーラで五郎がクリームソーダ、そしてひろみがオレンジジュースという色分けだったね」

 週刊アサヒ芸能2007年のインタビューで、西城は冷静にこう分析している。一般には西城=ワイルドな運動神経、野口=高い歌唱力、郷=甘いアイドル性と思われていたが、実は西城は音楽への取り組みになみなみならぬ非凡な才能を発揮。13年、週刊アサヒ芸能に自身がこう語っている。

「ニューヨークで流れていたヴィレッジ・ピープルの『YMCA』を、いち早く日本で歌おうという話になって。ただ、原曲はゲイ讃歌だから、それを健全な歌詞に変え、それに加えて子供からお年寄りまで踊れる振り付けをつけたのが『YOUNG MAN』になったんだ」

 西城はカバー曲だけでなく、大人の楽曲にも取り組んでゆく。転機となった78年の「ブーツをぬいで朝食を」は、作詞・阿久悠、作曲・大野克夫コンビの佳曲だが、これに大野と組むことが多かった沢田研二が噛みついた。

「なんであんないい曲を秀樹にあげたんだ!」

 伝え聞いた西城は苦笑いするしかなかったという。

 西城が活躍した70年代は歌謡曲の黄金期であったが、もともと洋楽志向だった西城は一度も歌謡曲という表現を使わず、常に「日本のポップス」を標榜。BOOWYの氷室京介など、ロック系にも影響を受けたアーティストは数多い。

 ライブにおいては、日本初のソロによる日本武道館やスタジアムコンサートを開催し、アジア各国にも異例の進出を果たした。

 西城は、河合奈保子や石川秀美などを「秀樹の妹コンテスト」から世に送り出したが、事務所の後輩である浅田美代子もその一人。マネージャーと車で移動している際に見かけた女子高生の浅田を「すぐにスカウトしたほうがいい」と眼力の高さを示している。

 01年に美紀夫人と華燭の典を挙げるまで、ウワサになったのは十朱幸代との熱愛騒動くらい。だが、82年にドラマで共演した桃井かおりは西城に引かれ、親族に「恋人なの」と紹介したというエピソードも残るほどだった。

 芸能界のキャリアは50年近いが、西城ほど陰口を叩かれないタイプも珍しい。まだ未成年の子供たちのためにも再起を図ったが、ついに病魔には勝てなかった。傷だらけでも運命を呪わなかった15年の闘病に、あらためて合掌である。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
貴島明日香“ドテ高”Yエリアが露わになった強風「突発事態」にファン騒然!
2
干される可能性も?“隠れ爆裂バスト”森七菜が「風呂シーン」を拒否する理由
3
渡部建、豊洲市場でマジメに働くも「ある問題」で同僚が大迷惑!?
4
重大発表も物議!フワちゃんより“天狗になっている意外な人物”とは!?
5
ジャニとの交際で変わった?有村架純への「文春砲」にファンが安堵したワケ