芸能

俺たちが悶絶した「昭和のボイン」大博覧会(3)<直撃3・小出広美>

 “ポスト中森明菜”として82年にアイドルデビュー。ごくわずかな活動期間でも鮮烈なインパクトを残した小出広美(52)。みずからアイドル歌手からグラビアまで、活動秘話を明かしてくれた。

 地元・名古屋でタレント活動中にスカウトされ上京。世はアイドル全盛期で、言われるままに歌番組からアイドル特番まで、各局を回った。

「デビュー年に一度だけ『オールスター紅白水泳大会』(フジテレビ系)に出演しました。水中騎馬戦に挑戦して、水着姿で松尾伴内さんら『たけし軍団』の3人の上に乗りました。え? スケベなことをされたかって? いいえ、芸人さんは本番中、自分たちがどう映るかで必死ですからね」

 ふだん、歌番組で着用するいかにもアイドル然としたボリュームたっぷりの衣装とは裏腹に、ギャップのあるグラマラスなボディは、多くの男性ファンを刺激した。

 83年に移籍して所属した「研音」を、翌年に「レコード会社や間に入った会社とのゴタゴタで」辞めることになったが、87年に活動再開、その際にアッと驚くイメチェンを果たし、水着が“正装”のグラビアアイドルに転身。またしてもファンは興奮の連続だった。

「事務所に入らずフリーで活動していたので、グラビアには自分で考えた案が反映されることも多かったです。一方で、やりたいことを『やりたい』、やりたくないことを『NO』と言うから、よく『小出はわがままだ』と言われていましたね。今考えると、自分の意見をはっきり言うだけでそう言うなんて、未熟なオヤジがたくさんいたなあ、と(笑)」

 グラビアで際立ったパッションカラーのビキニに映える“ほどよい”肉感ボディは、生まれたままの、ナチュラルなままだった。

「修整技術もない時代なうえ、ボディケアも、鍛えたりもしていませんでした。本当に自然な状態。それは今でもそうで、数年前もヌードグラビアを撮りましたが、ありのまますぎてバストは重力に負けきっていました(笑)。撮影中はカメラマンと2人、重力に負けないポーズを試行錯誤。『どう? おっぱい上がってる?』『OK! 垂れてない!』なんて会話していました(笑)」

 一方で、プライベートでは「医療過誤原告の会」の活動を行うなど、真摯な一面をのぞかせる。

「実は、33年前に弟が医療過誤にあい、長期間裁判で戦って勝訴した経験があります。家族は手術室で何が起きたのか、真実を知るために裁判を起こすしかない。私と同じような悲しい事件を少しでも減らすべく、経験者として支援していこうと、活動に参加したんです」

 一方でグラビアには「50代に突入したけど、また撮りたい。目指すはキレイなおばさん」とつややかに笑うなど、意欲はいささかも衰えない。

「実は今、こっそり狙っていることがあって。デビュー曲と3曲目の衣装が家にあるんですが、オークションサイトで売ろうかな、と。当時、衣装は1曲につき1着しか作ってもらえなかったんですね。つまり、私の汗と涙が染み込んだ衣装。もしファンの方に落札していただいたら、クンクン嗅ぎ回ることは、想定済みですが(笑)、ぜひチェックしてみて!」

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
4
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】