芸能

“若いヤツは観るな!”徹底で石橋貴明「たいむとんねる」はカルト人気が上昇か?

 視聴率の低迷が危惧される「石橋貴明のたいむとんねる」(フジテレビ系)が、なりふり構わぬオヤジ路線で、高年齢視聴者の心をつかみつつあるようだ。6月11日の放送では1961年生まれの同級生である高橋克実をゲストに迎え、「1960年代生まれが死ぬほど欲しかったアレ」をテーマに、1970年代に流行ったアイテムを紹介した。それらのアイテムについて、同じ60年代生まれのライターが解説する。

「この日はマジソンバッグやフラッシャー自転車、『TVジョッキー』(日本テレビ系)の白いギターやソニーの短波ラジオなど、石橋世代が学生時代に欲しくてたまらなかったアイテムを次々と紹介。しまいには『ケンメリ』こと4代目・日産スカイラインが実車で登場し、40代以上の視聴者は大喜びしました。またテレビゲームの『インベーダー』をプレーした石橋の自機がやられたシーンでは、石橋が自分の失態をさらりと見せたとして、視聴者を驚かせていました」

 そんな時代ものアイテムだらけの放送に視聴者が不満を抱くかと思いきや、ネットには「おもしろかった!」「オレもアレが欲しかった」といった絶賛の声が続出。これまでさんざん批判を浴びせられてきたのと同じ番組とは思えないほど、肯定的な声を集めたのである。この変容ぶりについてテレビ誌のライターが指摘する。

「これまでは80年代テレビ業界や昔のお笑い番組、大物芸能人の話など、古いテーマを扱いながらも若い視聴者に楽しんでもらおうという意図が透けて見えていました。それが今回は一転して『若いヤツは観なくていい!』とばかりに昔語りを徹底。学生かばんを茹でたうえでワイヤーを使って細くした話など、若い視聴者には想像もつかない話で盛り上がったのです。その思いっきりぶりはもはやカルト番組とさえ言えるほどで、狙いはズバリ当たったようですね。オヤジ世代からはこの調子で昔の話題をもっと取り上げてほしいとの声も出てきそうです」

 ちなみに「TVジョッキー」のギターは石橋の私物とのことで、高橋が思わず「すげぇ!」と叫んだシーンではオヤジ視聴者たちも同じように「すげぇ!」と叫んだはず。今後も70年代懐古路線の徹底が望まれているようだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石田ゆり子、予想以上に立派な体の部位にファン騒然!完熟ボディの“秘密”か
2
熊田曜子、”歩くか夜の営みしか運動しない”報道で“岡村との過去”が再燃!
3
尾野真千子、「Fバスト口技」熟テクの圧巻!(終)「前張りなしマッパ」で“慰め行為”
4
「人気急騰」明日海りお、宝塚ファンから聞こえてきた男役時代の“意外な評判”
5
芦田愛菜、「おっきい」「太い」発言に視聴者が敏感反応!滲み出始めた“色香”