芸能

“若いヤツは観るな!”徹底で石橋貴明「たいむとんねる」はカルト人気が上昇か?

 視聴率の低迷が危惧される「石橋貴明のたいむとんねる」(フジテレビ系)が、なりふり構わぬオヤジ路線で、高年齢視聴者の心をつかみつつあるようだ。6月11日の放送では1961年生まれの同級生である高橋克実をゲストに迎え、「1960年代生まれが死ぬほど欲しかったアレ」をテーマに、1970年代に流行ったアイテムを紹介した。それらのアイテムについて、同じ60年代生まれのライターが解説する。

「この日はマジソンバッグやフラッシャー自転車、『TVジョッキー』(日本テレビ系)の白いギターやソニーの短波ラジオなど、石橋世代が学生時代に欲しくてたまらなかったアイテムを次々と紹介。しまいには『ケンメリ』こと4代目・日産スカイラインが実車で登場し、40代以上の視聴者は大喜びしました。またテレビゲームの『インベーダー』をプレーした石橋の自機がやられたシーンでは、石橋が自分の失態をさらりと見せたとして、視聴者を驚かせていました」

 そんな時代ものアイテムだらけの放送に視聴者が不満を抱くかと思いきや、ネットには「おもしろかった!」「オレもアレが欲しかった」といった絶賛の声が続出。これまでさんざん批判を浴びせられてきたのと同じ番組とは思えないほど、肯定的な声を集めたのである。この変容ぶりについてテレビ誌のライターが指摘する。

「これまでは80年代テレビ業界や昔のお笑い番組、大物芸能人の話など、古いテーマを扱いながらも若い視聴者に楽しんでもらおうという意図が透けて見えていました。それが今回は一転して『若いヤツは観なくていい!』とばかりに昔語りを徹底。学生かばんを茹でたうえでワイヤーを使って細くした話など、若い視聴者には想像もつかない話で盛り上がったのです。その思いっきりぶりはもはやカルト番組とさえ言えるほどで、狙いはズバリ当たったようですね。オヤジ世代からはこの調子で昔の話題をもっと取り上げてほしいとの声も出てきそうです」

 ちなみに「TVジョッキー」のギターは石橋の私物とのことで、高橋が思わず「すげぇ!」と叫んだシーンではオヤジ視聴者たちも同じように「すげぇ!」と叫んだはず。今後も70年代懐古路線の徹底が望まれているようだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉岡里帆「先っちょ咥え込み写真」が“アレにしか見えない”大興奮の声!
2
弘中綾香がはじけた!放送事故寸前“胸の奥見せ”と“ワンワン鳴き”
3
薬丸玲美“点滴中”のハミ出し爆裂バストが生ツバものだった!
4
さらば森田「ギャラ未払いの超人気バラエティ番組」告発で飛び交う憶測!
5
刺激強すぎ!?森咲智美、犬童美乃梨と「超絶景Gバスト」3番勝負にファン大興奮