スポーツ

大谷翔平「打者だけ復帰」を妨げる「一刀流NG」密約(1)「大谷銘柄」株が相次いで急落

 1918年にベーブ・ルースが記録した「13勝11本塁打」。100年ぶりの偉業更新に向け、二刀流・大谷翔平には大きな期待が寄せられたが、ここにきてまさかの戦線離脱。今季の2桁勝利はお預けでも「打者だけ復帰」で豪快なアーチを見せてほしい。だが、DHオオタニの復帰を妨げる「密約」の内容が足かせになっているという‥‥。

 野球ファンにとってはまさかの一報だった。米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平(23)が、右肘の側副靱帯損傷のため故障者リスト(DL)に入ったのだ。少なくとも6月中は試合に出ず様子を見ることになっており、当面は「投げる、打つ」の両面で本格的プレーができない状況となっている。

 二刀流で歴史的な活躍を続けていただけに、その衝撃は大きく、グラウンド外にも波紋が広がった。ロサンゼルス在住のジャーナリストがこう話す。

「5月末の時点で、エンゼルスの観客動員数は1試合平均で約3万7000人でした。これはア・リーグ15球団中2番目。ちなみに昨季は3番目で、この躍進は言うまでもなく大谷効果。もし大谷の離脱期間が長引けば、観客動員やグッズ販売にも大きく影響してくるはずです」

 株式市場でも「大谷銘柄」への悪影響が表れている。大谷とスポンサー契約を結び「大谷モデル」の腕時計を販売するセイコーホールディングスは、上昇トレンドにあった株価が6月11日に値を下げた。経済誌記者が驚きを込めて解説する。

「エンゼルスとパートナー契約を結び、ベンチで選手に菓子を提供する森永製菓の株価も、DL入りが報じられた6月9日以降、急落の動きが見られた。あらためて大谷の影響の大きさを思い知らされました」

 大谷の活躍を連日取り上げてきた国内メディアにとっても、DL入りは痛手だった。ワイドショースタッフが嘆息する。

「テレビ業界では熟年女性殺しと言われるほど、F3層(50歳以上の女性)の支持が高い。野球のルールは知らなくても、あのマスクに吸い寄せられるんでしょうかね。大谷を取り上げると熟年女性層の視聴率が伸びるというデータもあって、スポンサーにも好評なんです。特に最近は、和歌山の資産家男性怪死事件や新幹線殺傷事件など、血なまぐさいニュースが相次いだので、癒やされる大谷の離脱は大打撃です」

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「木村拓哉以外とは会ってない」SMAPとの溝を作った決定的発言
2
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
3
「バスVS鉄道」なのに「歩きまくり20キロ超」太川陽介が顔をゆがめた「難対決」再び!
4
加藤浩次と宮迫博之が大激論!「雨上がり解散」で蛍原を追い詰めた「アキレた内幕」
5
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」