スポーツ

大谷翔平「打者だけ復帰」を妨げる「一刀流NG」密約(1)「大谷銘柄」株が相次いで急落

 1918年にベーブ・ルースが記録した「13勝11本塁打」。100年ぶりの偉業更新に向け、二刀流・大谷翔平には大きな期待が寄せられたが、ここにきてまさかの戦線離脱。今季の2桁勝利はお預けでも「打者だけ復帰」で豪快なアーチを見せてほしい。だが、DHオオタニの復帰を妨げる「密約」の内容が足かせになっているという‥‥。

 野球ファンにとってはまさかの一報だった。米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平(23)が、右肘の側副靱帯損傷のため故障者リスト(DL)に入ったのだ。少なくとも6月中は試合に出ず様子を見ることになっており、当面は「投げる、打つ」の両面で本格的プレーができない状況となっている。

 二刀流で歴史的な活躍を続けていただけに、その衝撃は大きく、グラウンド外にも波紋が広がった。ロサンゼルス在住のジャーナリストがこう話す。

「5月末の時点で、エンゼルスの観客動員数は1試合平均で約3万7000人でした。これはア・リーグ15球団中2番目。ちなみに昨季は3番目で、この躍進は言うまでもなく大谷効果。もし大谷の離脱期間が長引けば、観客動員やグッズ販売にも大きく影響してくるはずです」

 株式市場でも「大谷銘柄」への悪影響が表れている。大谷とスポンサー契約を結び「大谷モデル」の腕時計を販売するセイコーホールディングスは、上昇トレンドにあった株価が6月11日に値を下げた。経済誌記者が驚きを込めて解説する。

「エンゼルスとパートナー契約を結び、ベンチで選手に菓子を提供する森永製菓の株価も、DL入りが報じられた6月9日以降、急落の動きが見られた。あらためて大谷の影響の大きさを思い知らされました」

 大谷の活躍を連日取り上げてきた国内メディアにとっても、DL入りは痛手だった。ワイドショースタッフが嘆息する。

「テレビ業界では熟年女性殺しと言われるほど、F3層(50歳以上の女性)の支持が高い。野球のルールは知らなくても、あのマスクに吸い寄せられるんでしょうかね。大谷を取り上げると熟年女性層の視聴率が伸びるというデータもあって、スポンサーにも好評なんです。特に最近は、和歌山の資産家男性怪死事件や新幹線殺傷事件など、血なまぐさいニュースが相次いだので、癒やされる大谷の離脱は大打撃です」

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
2
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!
3
とんねるずとダウンタウンが完全和解!?“奇跡のタッグ”に向けて急加速
4
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
5
村上信五に「大恥をかかせた」フジテレビにジャニーズが大激怒!?