芸能

人気女子アナ「フリー転身」年収試算リスト(1)日テレ・水卜麻美がフリーになったら…

 大物美女アナが独立へと動けば、お金も大きく動く。有働アナの民放局キャスター就任が明らかとなったが、聞こえてきた年収は青天井。これに続けとばかりに、各局の“フリー予備軍たち”も蠢きだし、そのギャラまでもが試算されていた。

 今年10月から日本テレビ系「NEWS ZERO」のキャスターにNHKを退社した有働由美子(49)の就任が決まり、大きな話題となっている。すでに同番組での彼女のギャラは、1回の出演につき100万円だと報じられている。つまり、単純計算で年収は2億4000万円に上るのだ。

 広告代理店関係者が言う。

「銀座のクラブでフジテレビの役員が『有働は日テレのカラーに合っていない』と負け惜しみを言っていましたよ。ここ数年、ニュースを読める人気女子アナを育てることができていないフジは、『竹林不倫』で秋元優里アナ(34)が消えたこともあり、実力と話題性を兼ね備えた有働獲りに早くから動いていました。夕方の『プライムニュースイブニング』のMCとして何度も有働サイドに打診していたのですが、あっさりと日テレに持っていかれてしまった。とはいえ有働を逃したことで、フジはさっそく次のターゲットに手を伸ばし始めているんです」

 なんとフジが狙うのは、日本テレビの水卜麻美アナ(31)だというではないか。

「数年前から、フジ上層部は『うちで水卜ちゃんを使いたい』と漏らしていて、実際にフジとつながりの深い芸能事務所を通じ、水卜アナにオファーしています。たびたび報じられる“フリー転身説”はその事務所経由で漏れたというのが定説です」(広告代理店関係者)

 気になるのは、独立した際に水卜アナの収入がどれほどハネ上がるかだろう。仮にフジが「プライムニュースイブニング」で起用したとして、先の広告代理店関係者が試算する。

「夕方帯では史上最高クラスとなる、1本70万円以上のギャラ提示があると見られています。さらには、『水卜アナは風邪薬のCMキャラにぴったり』と話す医薬品メーカーの広報もいるほどで、水卜アナがフリーに転身した場合、ニュースだけでなくCM、バラエティー出演も大いに見込め、年収2億円オーバーが確実視されます」

 一方、「アイドル以上の美貌」と評する声もあるスキャンダル美女アナにも注目が集まっている。

 今年3月、レギュラー出演していた『あさチャン!』の降板を番組スタッフに告げられ、激昂して中身の入ったコーヒーカップを壁に投げつけたと報じられた、TBS・宇垣美里アナ(27)である。

「例の局内トラブルが報じられて以降、『今年限りで独立』と見る向きが多く、『遅くても来年3月退社』とTBS内部では言われている。ライバル局の人間からは『独立した宇垣の相場はいくらになる?』と聞かれるようになりました」(TBS関係者)

 結果、フリー転身後のギャラ相場が代理店で計算されるようになったという。

「年収にすると8000万円前後ですね。彼女は水卜アナに匹敵するほどバラエティー適性のある逸材で、フリーに転身すれば各局から引っ張りだこでしょう。『週刊プレイボーイ』の連載コラムで公言しているように『面倒くさい性格』を前面に押し出せば、『ポスト田中みな実』としての活躍も見込める。他局プロデューサーからは『宇垣アナを起用して旅番組を作りたい』という気の早い話も出ています」(広告代理店関係者)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え