スポーツ

U-23不参加なら日米野球にシフト!清宮幸太郎は稲葉監督を救えるか

 今オフ、窮地に立たされた侍ジャパンを救えるのは、清宮幸太郎しかない。

「今年10月下旬に開催されるU-23野球・ワールドカップですが、開催地のニカラグアが政情不安を抱えているため、外務省が『レベル1』の渡航注意を伝えてきました。情勢に変化があれば、NPBは不参加を表明せざるを得ません。また、大会延期となれば、11月9日から予定していた日米野球とスケジュールがぶつかってしまいます」(球界関係者)

 NPBは大会本部に確認を取っているが、「選手の安全が最優先」とし、日程通りに大会が行われたとしても不参加ということになりそうだ(21日時点)。侍ジャパンはNPBの重大な資金源でもある。また何よりも、「対世界」で、若手に経験を積ませていかなければならない。

「U-23で世界一になって東京五輪に弾みを付けるという計画を改め、日本国内で開催される日米野球を盛り上げ、そこで若手を積極的に起用していくことになりそう」(前出・球界関係者)

 U-23不参加、もしくは中止となった場合、その暗い影は東京五輪の野球・ソフトボールにも影響しかねない。そうなると、NPBが前面に押し立ててくるのは、間違いなく、清宮幸太郎だ。稲葉監督は日ハムのスポーツコミニュティオフィサーの肩書もある。“本籍”のある日ハムも稲葉監督を助けたいと思っているはずだ。清宮が侍ジャパンに派遣されれば、日米野球の注目度も高まる。U-23不参加の暗い影も払拭されるだろう。侍ジャパンの窮地と同時に清宮の存在が再注目された。清宮は稲葉監督の命運まで背負わされてしまったようだ。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
鈴木亜美、幼少期の極貧生活告白で思い出される「アノ人との恋愛」
2
木村拓哉、「グランメゾン東京」でのセリフが“違和感”放っちゃった理由!
3
ミニ丈スカートにワキ見せも!「北朝鮮スッチーカレンダー」を入手公開
4
“SNS開設”を拒んだ新垣結衣が絶対にプライベートを見られたくないワケ
5
あの川田利明が「ベンツ3台分をつぎ込んでも」ラーメン屋を続ける理由とは!?