スポーツ

U-23不参加なら日米野球にシフト!清宮幸太郎は稲葉監督を救えるか

 今オフ、窮地に立たされた侍ジャパンを救えるのは、清宮幸太郎しかない。

「今年10月下旬に開催されるU-23野球・ワールドカップですが、開催地のニカラグアが政情不安を抱えているため、外務省が『レベル1』の渡航注意を伝えてきました。情勢に変化があれば、NPBは不参加を表明せざるを得ません。また、大会延期となれば、11月9日から予定していた日米野球とスケジュールがぶつかってしまいます」(球界関係者)

 NPBは大会本部に確認を取っているが、「選手の安全が最優先」とし、日程通りに大会が行われたとしても不参加ということになりそうだ(21日時点)。侍ジャパンはNPBの重大な資金源でもある。また何よりも、「対世界」で、若手に経験を積ませていかなければならない。

「U-23で世界一になって東京五輪に弾みを付けるという計画を改め、日本国内で開催される日米野球を盛り上げ、そこで若手を積極的に起用していくことになりそう」(前出・球界関係者)

 U-23不参加、もしくは中止となった場合、その暗い影は東京五輪の野球・ソフトボールにも影響しかねない。そうなると、NPBが前面に押し立ててくるのは、間違いなく、清宮幸太郎だ。稲葉監督は日ハムのスポーツコミニュティオフィサーの肩書もある。“本籍”のある日ハムも稲葉監督を助けたいと思っているはずだ。清宮が侍ジャパンに派遣されれば、日米野球の注目度も高まる。U-23不参加の暗い影も払拭されるだろう。侍ジャパンの窮地と同時に清宮の存在が再注目された。清宮は稲葉監督の命運まで背負わされてしまったようだ。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
2
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
3
「何で独身なの?」谷原章介「めざまし8」の発言に男性視聴者が“カチン”!
4
「辞めなきゃよかった」中居正広・米倉涼子がホンネを漏らした独立の“後悔”
5
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?