スポーツ

U-23不参加なら日米野球にシフト!清宮幸太郎は稲葉監督を救えるか

 今オフ、窮地に立たされた侍ジャパンを救えるのは、清宮幸太郎しかない。

「今年10月下旬に開催されるU-23野球・ワールドカップですが、開催地のニカラグアが政情不安を抱えているため、外務省が『レベル1』の渡航注意を伝えてきました。情勢に変化があれば、NPBは不参加を表明せざるを得ません。また、大会延期となれば、11月9日から予定していた日米野球とスケジュールがぶつかってしまいます」(球界関係者)

 NPBは大会本部に確認を取っているが、「選手の安全が最優先」とし、日程通りに大会が行われたとしても不参加ということになりそうだ(21日時点)。侍ジャパンはNPBの重大な資金源でもある。また何よりも、「対世界」で、若手に経験を積ませていかなければならない。

「U-23で世界一になって東京五輪に弾みを付けるという計画を改め、日本国内で開催される日米野球を盛り上げ、そこで若手を積極的に起用していくことになりそう」(前出・球界関係者)

 U-23不参加、もしくは中止となった場合、その暗い影は東京五輪の野球・ソフトボールにも影響しかねない。そうなると、NPBが前面に押し立ててくるのは、間違いなく、清宮幸太郎だ。稲葉監督は日ハムのスポーツコミニュティオフィサーの肩書もある。“本籍”のある日ハムも稲葉監督を助けたいと思っているはずだ。清宮が侍ジャパンに派遣されれば、日米野球の注目度も高まる。U-23不参加の暗い影も払拭されるだろう。侍ジャパンの窮地と同時に清宮の存在が再注目された。清宮は稲葉監督の命運まで背負わされてしまったようだ。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(1)剛力彩芽はこのまま引退?
2
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ
3
若林正恭と南沢奈央の破局に、大島優子のファンが安堵するワケ
4
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!
5
「中学聖日記が大反響」有村架純を待ち受ける“第二の裕木奈江”になる罠!