芸能

小倉智昭も懸念!W杯・日本に敗れたコロンビア選手を待ち受ける“危険”とは?

 日本とコロンビア、その明暗はくっきりと分かれた。西野朗監督率いるサッカー日本代表が6月19日、ロシアW杯グループステージ初戦のコロンビア戦を2-1でくだし、歓喜の声が沸き立っている。日本は、試合開始早々香川真司がシュートを放つと、コロンビアMFカルロス・サンチェスがこれを手で防ぎレッドカードの一発退場。その後10人での戦いを余儀なくされたコロンビアは攻め手のオプションを欠き、終始日本のペースとなり、後半28分の大迫勇也のヘディングシュートで試合は決したのだった。

 南米の強豪相手からよもやの大金星を奪い、ツイッターのトレンドワードランキングでも上位が同試合に関連するワードで埋め尽くされるなどまさに日本列島全体が勝利の美酒に酔いしれたものの、懸念されるのは勝敗のターニングポイントを図らずも、もたらす格好となってしまったコロンビア退場者カルロス・サンチェスに迫る“身の危険”だろう。

「試合の翌日の6月20日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)で、キャスターの小倉智昭が『コロンビアの人たちはあれだけ(会場に)来てたけど、帰りは足が重かっただろうなぁ。サンチェスとか(母国に)帰って大丈夫かな。コロンビアは政情不安で、何かコトが起こらなきゃいいけど』などと案じていたように、サッカーへの熱が尋常ではない南米列強国はミスを犯した選手や、戦犯に対する扱いも常軌を逸したものがあります。1994年のアメリカW杯では、オウンゴールしてしまったアンドレス・エスコバル(当時27歳)が帰国後サポーターから銃撃され、帰らぬ人になった凄惨な事件が実際起きています。今回の敗戦で、サンチェス選手に全責任があるわけではないですが、過激なサポーターがどう考えるはわかりません。無事を祈るばかりです」(スポーツライター)

 いつの時代もスポーツの世界には勝者と敗者が生まれ、喜びと悲しみが錯綜する。もちろんW杯グループステージは3試合あり、まだ初戦を終えたばかり。日本は手綱を締め、一方のコロンビアは希望を持ち続ける必要があるだろう。

(ジェイコヴ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
磯山さやか、志村けんへの「追悼メッセージ」が絶賛を浴びたポイントとは?
2
ステージママ・工藤静香に業界関係者も懸念する娘姉妹プロデュースの“誤算”
3
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
4
妹よりタチが悪い?土屋炎伽が見せた“インテリなのにポンコツ”ぶり!
5
浜辺美波が「彼氏がいたことない」白状、高校卒業後も“男性未経験”を継続中?