芸能

小倉智昭も懸念!W杯・日本に敗れたコロンビア選手を待ち受ける“危険”とは?

 日本とコロンビア、その明暗はくっきりと分かれた。西野朗監督率いるサッカー日本代表が6月19日、ロシアW杯グループステージ初戦のコロンビア戦を2-1でくだし、歓喜の声が沸き立っている。日本は、試合開始早々香川真司がシュートを放つと、コロンビアMFカルロス・サンチェスがこれを手で防ぎレッドカードの一発退場。その後10人での戦いを余儀なくされたコロンビアは攻め手のオプションを欠き、終始日本のペースとなり、後半28分の大迫勇也のヘディングシュートで試合は決したのだった。

 南米の強豪相手からよもやの大金星を奪い、ツイッターのトレンドワードランキングでも上位が同試合に関連するワードで埋め尽くされるなどまさに日本列島全体が勝利の美酒に酔いしれたものの、懸念されるのは勝敗のターニングポイントを図らずも、もたらす格好となってしまったコロンビア退場者カルロス・サンチェスに迫る“身の危険”だろう。

「試合の翌日の6月20日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)で、キャスターの小倉智昭が『コロンビアの人たちはあれだけ(会場に)来てたけど、帰りは足が重かっただろうなぁ。サンチェスとか(母国に)帰って大丈夫かな。コロンビアは政情不安で、何かコトが起こらなきゃいいけど』などと案じていたように、サッカーへの熱が尋常ではない南米列強国はミスを犯した選手や、戦犯に対する扱いも常軌を逸したものがあります。1994年のアメリカW杯では、オウンゴールしてしまったアンドレス・エスコバル(当時27歳)が帰国後サポーターから銃撃され、帰らぬ人になった凄惨な事件が実際起きています。今回の敗戦で、サンチェス選手に全責任があるわけではないですが、過激なサポーターがどう考えるはわかりません。無事を祈るばかりです」(スポーツライター)

 いつの時代もスポーツの世界には勝者と敗者が生まれ、喜びと悲しみが錯綜する。もちろんW杯グループステージは3試合あり、まだ初戦を終えたばかり。日本は手綱を締め、一方のコロンビアは希望を持ち続ける必要があるだろう。

(ジェイコヴ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松本人志、BTS原爆Tシャツ問題に“号泣マジギレ”も十分ありえた「過去言動」!
2
石橋貴明もショック?「細かすぎモノマネ」に木梨憲武が出演しない理由
3
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(3)かつてのスーパーアイドル・中山美穂も…
4
大みそか「ガキ使」に「新しい地図」サプライズ出演情報も立ちはだかる壁!
5
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(1)期待されていた有働由美子だったが…