芸能

インパルス板倉、“スナイパーに間違われ騒動”にファンから猛批判噴出!

 お笑い芸人のケンドーコバヤシが6月13日、トーク番組「にけつッ!!」(読売テレビ)に出演。後輩芸人のインパルス板倉俊之が新宿で警備員に取り押さえられる騒動があったことを明かしている。

 何でも、サバイバルゲームを愛する板倉は、ゲームにつかう愛用の「ライフル」を森林でも目立ちづらいカモフラージュ柄に塗ろうと、ルミネtheよしもとのある新宿ビル屋上で黙々と作業をしていた。すると、そこへ偶然やってきた警備員に目撃され、“ヤバいヤツ”と勘違いされたのか、すぐさま取り押さえられてしまったという。ケンコバは続けて、「そりゃあ新宿のビルの屋上でライフルを構えてたら(疑われる)」と述べ、スナイパーと間違われたドジな後輩の顛末を爆笑しながら紹介した。

「板倉はサバゲーだけでなく、ライフルシューティングといったジャンルのゲームにも熱中しており、ファンにとってはお馴染みの“らしいエピソード”となったが、ネット上からは『今の状況に危機感持ってないだろ』といった指摘が相次ぎました。というのも、板倉の相方である堤下敦は2017年6月に道路交通法違反容疑で書類送検、さらに同年10月にも自動車の人身事故を起こすなど、現在は所属する吉本興業から謹慎処分を受けている身ですからね」(テレビ誌ライター)

 これについて、板倉はバラエティー番組などで「オレは何も悪いことしてないのにさぁ」「あいつのせいで。本当に勘弁してくれよ!」と嘆いていた。が、

「ネット上からは『コンビとして復活できないかもしれないのに呑気ですなぁ』『サバゲーやってる場合なの?』『全然危機感ないんだろうなぁ』『これがインパルスがイマイチ上昇していけなかった原因。2人とも向上心がみえない』といった手厳しい批判が並んでいます。趣味を楽しむのは板倉の自由であり、何の落ち度もないですが、それを“呑気”と解釈するファンも多いようですね」(前出・テレビ誌ライター)

 コントの達人として、かつて「エンタの神様」(日本テレビ系)でも人気を博していた彼らだけに、ふたたび舞台で揃い踏みする日が来ることを願いたいところだが、はたして…?

(木村慎吾)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”