芸能

インパルス板倉、“スナイパーに間違われ騒動”にファンから猛批判噴出!

 お笑い芸人のケンドーコバヤシが6月13日、トーク番組「にけつッ!!」(読売テレビ)に出演。後輩芸人のインパルス板倉俊之が新宿で警備員に取り押さえられる騒動があったことを明かしている。

 何でも、サバイバルゲームを愛する板倉は、ゲームにつかう愛用の「ライフル」を森林でも目立ちづらいカモフラージュ柄に塗ろうと、ルミネtheよしもとのある新宿ビル屋上で黙々と作業をしていた。すると、そこへ偶然やってきた警備員に目撃され、“ヤバいヤツ”と勘違いされたのか、すぐさま取り押さえられてしまったという。ケンコバは続けて、「そりゃあ新宿のビルの屋上でライフルを構えてたら(疑われる)」と述べ、スナイパーと間違われたドジな後輩の顛末を爆笑しながら紹介した。

「板倉はサバゲーだけでなく、ライフルシューティングといったジャンルのゲームにも熱中しており、ファンにとってはお馴染みの“らしいエピソード”となったが、ネット上からは『今の状況に危機感持ってないだろ』といった指摘が相次ぎました。というのも、板倉の相方である堤下敦は2017年6月に道路交通法違反容疑で書類送検、さらに同年10月にも自動車の人身事故を起こすなど、現在は所属する吉本興業から謹慎処分を受けている身ですからね」(テレビ誌ライター)

 これについて、板倉はバラエティー番組などで「オレは何も悪いことしてないのにさぁ」「あいつのせいで。本当に勘弁してくれよ!」と嘆いていた。が、

「ネット上からは『コンビとして復活できないかもしれないのに呑気ですなぁ』『サバゲーやってる場合なの?』『全然危機感ないんだろうなぁ』『これがインパルスがイマイチ上昇していけなかった原因。2人とも向上心がみえない』といった手厳しい批判が並んでいます。趣味を楽しむのは板倉の自由であり、何の落ち度もないですが、それを“呑気”と解釈するファンも多いようですね」(前出・テレビ誌ライター)

 コントの達人として、かつて「エンタの神様」(日本テレビ系)でも人気を博していた彼らだけに、ふたたび舞台で揃い踏みする日が来ることを願いたいところだが、はたして…?

(木村慎吾)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ヤクルト・高津臣吾監督が頭を悩ます山田哲人「年俸5億円の大スランプ」と「三塁コンバート」
2
ロッテ・佐々木朗希「日本ハムに3対1の電撃トレード」謎の投稿が激論に!【2024年5月BEST】
3
【不可解】メッツ・藤浪晋太郎バッチリ投げているのに「60日間の負傷者リスト入り」の手切れ金放出
4
アメリカで今も大真面目に議論される「知的生物ヒト型爬虫類」が人間をマインドコントロール説
5
JR「青春18きっぷ」に異常事態!夏の発売が危うい「リミット」は6月20日