芸能

まるで日本代表?W杯“不評”キャスター佐藤美希の「巻き返し」がスゴいわけ

 コロンビア戦の金星に続き、難敵と思われたセネガルからも勝ち点をゲットして、日本中を歓喜に包み込んでいるサッカー日本代表。テレビ中継の視聴率も破格、関連番組も絶好調で出演者らは一時のバブルを満喫しているはず。

 そんな中、テレビ画面に出るたびにブーイングが殺到していたのが、NHKのW杯キャスターに抜擢されたタレントの佐藤美希。Jリーグ名誉マネージャーだったことが奏功して連日の試合中継やダイジェストで“顔を売る”チャンスをつかんだものの、あまりのサッカーへの無知ぶりとカミカミのしゃべり、そしてゲストへの稚拙な質問などの連発で「今すぐ辞めさせろ」「見てるだけで苦痛」「熱戦が台無し」など、サッカーファンのストレス要因としてネット上でも叩きまくられてしまった。

 ところが、ここにきて世間の彼女への評価が“てのひら返し”なのだとか。

「先週末あたりから、視聴者の声がガラリと変わりましたね。ネットを開けば批判のデパートという感じだったのが、『今日も可愛い』『美希ちゃんを見ないでは寝られない』など、声援のほうが上回るようになった。まるで、W杯前の強化試合で惨敗を続け批判も高まっていたのに、本番直前から、徐々に評判を上げてきた日本代表と同じなんです」(スポーツ紙芸能担当記者)

 では、なぜそんな事態になったのか。記者いわく、彼女へのてのひら返しの一番の理由はファッションなのだとか。

「彼女は抜群のプロポーションを活かしたグラドルとしても知名度は高いのですが、先週末あたりから“持ってるものはすべて出すわ”とばかりに、明らかにバストの大きさを強調するファッションに変身しました。ひと目見てバストだけに目がいく露骨な服装は、センスとしては正直イマイチなのですが、ブーイングへの対抗策としての関係者のアイデアなんじゃないでしょうか。でも、これが効いた。サッカーファンのストレス要因だった彼女が、一気に“W杯の女神”になってしまったんですからね。しゃべりは相変わらずなところもありますが、さすがに開幕当初よりは意味がわかってきたのか、間違いも減りましたし、自信をつけたのか明るさも増してよかったと思います」(前出・スポーツ紙芸能担当記者)

 日本代表のように持てるものはすべて出しきった(?)彼女。“予選敗退”レベルと思われていた美女キャスターが、まさかの“一足お先の決勝トーナメント進出確定”かも!?

(山田ここ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
“SNS開設”を拒んだ新垣結衣が絶対にプライベートを見られたくないワケ
2
国母和宏の「保釈ガッツポーズ」にファンも「スノボが終わった」と強烈罵声
3
鈴木亜美、幼少期の極貧生活告白で思い出される「アノ人との恋愛」
4
降板求める声も!欅坂46菅井友香の「胸揉んでやる」つぶやいた共演者に猛批判
5
胸の先端がピンコ立ち!映画「人間失格」で「マッパになった」大物女優とは