芸能

まるで日本代表?W杯“不評”キャスター佐藤美希の「巻き返し」がスゴいわけ

 コロンビア戦の金星に続き、難敵と思われたセネガルからも勝ち点をゲットして、日本中を歓喜に包み込んでいるサッカー日本代表。テレビ中継の視聴率も破格、関連番組も絶好調で出演者らは一時のバブルを満喫しているはず。

 そんな中、テレビ画面に出るたびにブーイングが殺到していたのが、NHKのW杯キャスターに抜擢されたタレントの佐藤美希。Jリーグ名誉マネージャーだったことが奏功して連日の試合中継やダイジェストで“顔を売る”チャンスをつかんだものの、あまりのサッカーへの無知ぶりとカミカミのしゃべり、そしてゲストへの稚拙な質問などの連発で「今すぐ辞めさせろ」「見てるだけで苦痛」「熱戦が台無し」など、サッカーファンのストレス要因としてネット上でも叩きまくられてしまった。

 ところが、ここにきて世間の彼女への評価が“てのひら返し”なのだとか。

「先週末あたりから、視聴者の声がガラリと変わりましたね。ネットを開けば批判のデパートという感じだったのが、『今日も可愛い』『美希ちゃんを見ないでは寝られない』など、声援のほうが上回るようになった。まるで、W杯前の強化試合で惨敗を続け批判も高まっていたのに、本番直前から、徐々に評判を上げてきた日本代表と同じなんです」(スポーツ紙芸能担当記者)

 では、なぜそんな事態になったのか。記者いわく、彼女へのてのひら返しの一番の理由はファッションなのだとか。

「彼女は抜群のプロポーションを活かしたグラドルとしても知名度は高いのですが、先週末あたりから“持ってるものはすべて出すわ”とばかりに、明らかにバストの大きさを強調するファッションに変身しました。ひと目見てバストだけに目がいく露骨な服装は、センスとしては正直イマイチなのですが、ブーイングへの対抗策としての関係者のアイデアなんじゃないでしょうか。でも、これが効いた。サッカーファンのストレス要因だった彼女が、一気に“W杯の女神”になってしまったんですからね。しゃべりは相変わらずなところもありますが、さすがに開幕当初よりは意味がわかってきたのか、間違いも減りましたし、自信をつけたのか明るさも増してよかったと思います」(前出・スポーツ紙芸能担当記者)

 日本代表のように持てるものはすべて出しきった(?)彼女。“予選敗退”レベルと思われていた美女キャスターが、まさかの“一足お先の決勝トーナメント進出確定”かも!?

(山田ここ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
片瀬那奈 事務所退所で引退危機も「1億円」であの業界からオファー?
2
上白石萌音、広瀬すずの美バストがくっきり!2021年の“アクシデント”ショット大賞が決定
3
水卜麻美アナ、先っちょが浮き出てる!?視聴者を騒然とさせたバスト張り出しシーン
4
岡副麻希、視聴者騒然!シートベルトがガッツリ食い込んだ“Cバスト”のド強調
5
加藤綾子 入籍から半年経過も「別居婚継続」の真相