スポーツ

巨人・高橋由伸監督「丸投げ采配」更迭で「中畑」を画策(3)“雑草魂”がなくなった上原

 チーム関係者が声を潜めながら打ち明ける。

「補強の目玉として急きょ獲得した、上原浩治(43)は大失敗でしたね。10年ぶりの古巣復帰で大騒ぎになりましたが、最初こそネームバリューと勢いだけで通用していた棒球のメッキがすぐに剥がれた。キャンプをしなかったから調整不足が影響しているという的外れな指摘もありますが、昨オフの時点でメジャーから一切お呼びがかからなかったことが、彼の限界を証明しているんです。にもかかわらず、すんなりと飛びついてしまったうちの球団が調査不足だっただけ。チームメイトたちも『あの人の契約には、本人の承諾なく2軍に降格させられないという条項が入っているのでは』と耳打ちし合っている」

 現状の上原は僅差の展開で登板させられるケースがなくなり、6月2日以来、ホールドはない(6月22日現在、以下同)。

「斎藤コーチも若手にチャンスを与えることを望んでいて、あの成績で1軍にいる上原ははっきり言ってお荷物になっています」(チーム関係者)

 本人は巨人での活躍を足がかりに来季以降のメジャー再復帰を模索していた。「マイナーでドサ回りするのは嫌だ」と日本球界復帰の理由を親しい関係者に話していたそうだが、もはや“雑草魂”はなくなり、「引退」の2文字がちらつく。

 そればかりではない。打者の補強もアテが外れている。2年推定8億円で中日から強奪したゲレーロ(31)は打率2割5分3厘、10本塁打、29打点という成績だ。

「コンディション不良ということで2軍に落ちましたが、彼の獲得に関しては代理人のスコット・ボラス氏にまんまと丸め込まれてしまいましたね。助っ人獲りでは今まで数々の失敗を重ねておきながら、使い物にならないゲレーロと2年契約とは、学習能力がなさすぎます」(チーム関係者)

 正捕手の不在も、チームが落ち着かない理由の一つだろう。

「なんで小林誠司(29)を使い続けないのか、他球団は不思議がっていますが、村田ヘッドとの確執なんですよ。小林は天才肌で、コーチの進言を聞かない。それを村田ヘッドが嫌って、宇佐見真吾(25)や大城卓三(25)を起用するんです。由伸監督の丸投げ采配による弊害でしょう」(球団関係者)

 左腕エースとして期待されながら、ここまで2勝4敗、防御率4.32と結果を出せない田口麗斗(22)も足を引っ張っている。

「先日、オリックスの元選手が逮捕されましたが、『もしや、あのニュースを聞いてさらに動揺しているのでは』と心配する声が出ているんです。まあ、この話はこの辺りでやめておきますが‥‥」(チーム関係者)

 これから由伸監督がチームを立て直せるか、それとも来季、「中畑新監督」が救世主となるか──。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉澤ひとみ逮捕の「タチの悪さ」で業界関係者が元モー娘。“苦い記憶”を暴露!
2
人気女優「セレブ」と金欠くらべてみました(1)石原さとみは“リアル高嶺の花”
3
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?
4
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?
5
「過保護のカホコ」高畑充希、番宣であの大御所に触られまくり視聴者ドン引き