スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「昨年3着レジーナフォルテが勝つ」

 新潟、小倉、そして札幌に舞台が移り、本格的な夏競馬が始まる。

 その新潟開幕週のメインは、直線1000メートルの電撃戦、アイビスサマーダッシュだ。

 今年で18回を数え、どのぐらいのペースで行けばよいか、どこで仕掛けるべきかを騎手たちはすっかり心得たようで、以前ほど荒れなくなったが、それでもまだ不確定要素は少なくなく、全体的に見て波乱含みの重賞と言っていい。

 02年に馬単が導入されてから、これまでの16年間、その馬単で万馬券になったのは6回(馬連では1回)だが、この間、1番人気馬が6勝(2着3回)、2番人気馬は2勝(2着2回)。1、2番人気馬でのワンツー決着は2回のみ。簡単に人気どおりでは決まらない中穴傾向の重賞だ。

 過去17回を振り返ってみてわかるのは、出走頭数のわりに、牝馬の活躍がやたら目立つことである。「牝馬は暑さに強い」と言われるが、その言葉どおり、これまで牝馬が11勝、2着7回と、牡馬を圧倒している。このへんは馬券戦術上、十分心得ておくべきことだろう。

 あとは3歳、4歳の若駒がよく連に絡んでいることも知っておいて損はない。

 こうしたデータを念頭に置いてみて浮かび上がるのが、レジーナフォルテだ。こいつに大きな期待を寄せてみたい。

 前走のテレビユー福島賞(芝1200メートル、1着)は、期待された韋駄天S(芝1000メートル、12着)を凡走したあとの一戦だったが、自己条件とはいえ、見違えるような好内容での圧勝劇だった。

 佐藤調教師は、この2走を振り返って、次のように言う。

「韋駄天Sは、妙にテンションが高く、レースでは行きっぷりが悪くて、さっぱりいいところがなかった。ガス抜きができた前走は、この馬らしいセンスのよさを見せてくれた」

 前走後は、ここを目標にしっかり調整されており、落ち着き払って好気配。稽古の動きも軽快かつリズミカルで、実にいい雰囲気が漂っている。ならば、持てる力を存分に発揮してくれていいのではないか。

 初勝利をあげたのがこの直千競馬で、しかもレコードでの楽勝。3歳時の昨年は条件馬の身で、このアイビスSDで3着と好走している。この馬にとって直千競馬はピッタリの条件と言っていいのだ。

 今回は昇級初戦で相手は一気に強くなるが、前走から1キロ軽い斤量での競馬となる。持ち時計も速く、互角に渡り合っていいのではないか。

 曾祖母はエリザベス女王杯を勝った女傑タレンティドガールで、ニッポーテイオー(安田記念などGI3勝)など近親、一族に活躍馬が多くいる血筋。よほどの道悪にならないかぎり、チャンスがあっていい。

 札幌のメインはクイーンステークス。過去16年、馬単での万馬券は6回(馬連では2回)で、こちらも中穴傾向の重賞と言ってよいが、この間、1、2番人気馬でのワンツー決着は、わずか1回のみ。やはり、下馬評どおりとはいかない。

 充実ぶりが目立つ4、5歳馬がよく連対を果たしているが、斤量が軽い分、3歳馬もよく活躍している。狙ってみたいのは、その3歳馬、リバティハイツだ。

 桜花賞6着以来になるが、放牧でリフレッシュされてから、ここを目標に丹念に乗り込まれ、臨戦態勢はきっちりと整っている。「重め感はなく、力を出せる仕上がり状態」とは、厩舎スタッフが口をそろえるところ。1週前の追い切りも軽快だった。

 折り合い面に不安はなく、初めての芝1800メートルの距離も問題なしだ。

 母はイエローリボンSなど米GI2勝馬。古馬相手でも力は決してヒケを取らない。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
村上信五に「大恥をかかせた」フジテレビにジャニーズが大激怒!?
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
とんねるずとダウンタウンが完全和解!?“奇跡のタッグ”に向けて急加速
4
眞子様、佳子様からも選ばれなかった学習院大学から「廃校も…」悲鳴が!
5
カンニング竹山と後輩芸人のガチ喧嘩は放送作家の大失敗だった!?