女子アナ

台風接近の花火大会で思い起こされる高橋真麻「伝説の大活躍」とは?

 酷暑が続く日本列島に台風が迫ってきている。

 7月25日に発生した台風12号「ジョンダリ」は週末にも本州に接近し、暴風雨への警戒が高まっている状況だ。28日に予定されている東京の「隅田川花火大会」でも5年ぶりの中止が懸念されているが、その台風接近にフリーアナウンサー・高橋真麻の大活躍を想い出す人たちがいるというのだ。テレビ誌のライターが振り返る。

「隅田川花火大会は1978年からテレビ東京で独占中継されており、2013年の第36回大会ではその年の3月にフジテレビを退社してフリーになったばかりの真麻が現場レポーターとして出演。これが他局では初の仕事でしたが、総合司会がよりによって実父で俳優の高橋英樹だったことから『親の七光り』と叩かれていたんです。ところがこの年はゲリラ豪雨に見舞われ、花火自体は打ちあげ始めたものの、途中で史上初の中止に。夏らしい浴衣姿に身を包み、花火がバッチリと見えるビル屋上の会場からレポートしていた真麻は、強風のために途中からは傘をあきらめ、横殴りの雨に打ち付けられながらの中継となりました」

 そんな雨中の現場レポートに真麻の髪はぐちゃぐちゃ、浴衣はズブ濡れという有様だった。それでも声の調子は普段とほとんど変わらないままに「もうね、雨がすごすぎて、逆にテンションがあがりますね」との名言を残してレポートを続行。インタビューした観客からは「台風中継みたいで大変ですね」と心配されていたが、当の真麻は「雨も怖くないですよね、ズブ濡れになって楽しみましょう!」と気勢を上げたのだった。

「そんな高橋の姿はテレビ中継を観ていた視聴者の心を打ち、翌日にはスポーツ紙で『ズブ濡れ中継が大好評』と取り上げられたほど。しかも『親の七光りを超越』と絶賛され、この日を境に実力派フリーアナとの評判が高まったのです。今年の隅田川花火大会はぜひ、台風に影響されることなく無事に開催されてほしいですが、もし台風が直撃した場合には新たなスターが誕生する可能性もありそうですね」(前出・テレビ誌ライター)

 ちなみに13年の中止時に真麻は、浴衣を乾かそうとして何台ものドライヤーを使い、ホテルのブレーカーを落としてしまったという。そんなエピソードも含めて、今年も現場レポートを担当する彼女への期待は高まっているようだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ザキヤマも唖然!?「ロンハー」が内村光良のタブーに触れるアクシデント!
2
50歳を過ぎて第2全盛期に突入!武豊、「6億円和解」の舞台裏が明かされたッ
3
蛭子能収不在の旅番組がいよいよ放送!太川陽介の「ガチギレ」飛び出す!?
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
杏が再三“SOS”の悲鳴を上げていた不貞報道・東出昌大のクズっぷり!