女子アナ

台風接近の花火大会で思い起こされる高橋真麻「伝説の大活躍」とは?

 酷暑が続く日本列島に台風が迫ってきている。

 7月25日に発生した台風12号「ジョンダリ」は週末にも本州に接近し、暴風雨への警戒が高まっている状況だ。28日に予定されている東京の「隅田川花火大会」でも5年ぶりの中止が懸念されているが、その台風接近にフリーアナウンサー・高橋真麻の大活躍を想い出す人たちがいるというのだ。テレビ誌のライターが振り返る。

「隅田川花火大会は1978年からテレビ東京で独占中継されており、2013年の第36回大会ではその年の3月にフジテレビを退社してフリーになったばかりの真麻が現場レポーターとして出演。これが他局では初の仕事でしたが、総合司会がよりによって実父で俳優の高橋英樹だったことから『親の七光り』と叩かれていたんです。ところがこの年はゲリラ豪雨に見舞われ、花火自体は打ちあげ始めたものの、途中で史上初の中止に。夏らしい浴衣姿に身を包み、花火がバッチリと見えるビル屋上の会場からレポートしていた真麻は、強風のために途中からは傘をあきらめ、横殴りの雨に打ち付けられながらの中継となりました」

 そんな雨中の現場レポートに真麻の髪はぐちゃぐちゃ、浴衣はズブ濡れという有様だった。それでも声の調子は普段とほとんど変わらないままに「もうね、雨がすごすぎて、逆にテンションがあがりますね」との名言を残してレポートを続行。インタビューした観客からは「台風中継みたいで大変ですね」と心配されていたが、当の真麻は「雨も怖くないですよね、ズブ濡れになって楽しみましょう!」と気勢を上げたのだった。

「そんな高橋の姿はテレビ中継を観ていた視聴者の心を打ち、翌日にはスポーツ紙で『ズブ濡れ中継が大好評』と取り上げられたほど。しかも『親の七光りを超越』と絶賛され、この日を境に実力派フリーアナとの評判が高まったのです。今年の隅田川花火大会はぜひ、台風に影響されることなく無事に開催されてほしいですが、もし台風が直撃した場合には新たなスターが誕生する可能性もありそうですね」(前出・テレビ誌ライター)

 ちなみに13年の中止時に真麻は、浴衣を乾かそうとして何台ものドライヤーを使い、ホテルのブレーカーを落としてしまったという。そんなエピソードも含めて、今年も現場レポートを担当する彼女への期待は高まっているようだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
ともさかりえ、アラフォーバスト「前屈み渓谷」「圧迫こぼれ」躍動写真に騒然
3
新井恵理那、「コスプレ7変化」披露で大反響呼んだエグすぎる“爆裂バスト”
4
小泉今日子が言及した「安室奈美恵が引退しちゃった」ワケ
5
小芝風花、「舌入れ疑惑キス&バストタッチ」過激化するラブ描写にネット騒然!