スポーツ

「競技マージャン」最高顧問に就任した川淵三郎はやっぱり今でも野球嫌い?

 日本バスケットボール協会のエグゼクティブアドバイザーを務める川淵三郎氏のツイッターが話題になっている。アジア大会のバスケットボール男子代表4選手が買春行為と帰国処分について触れ、「新聞記者のとった態度に納得がいかない」「同じ日本人として何故注意してやれなかったのか」と訴えていた。

「川淵さんがバスケ選手を庇ったのは、本心ではないと思います。協会側の人間として擁護してやらないと、当該選手たちの今後に影響すると判断したからです。国内初の競技麻雀のプロリーグの最高顧問にも就いた川淵さんですが、さらに発言力が高まりそうですね」(体協詰め記者)

 競技麻雀の最高顧問に迎えられたのは、Jリーグに続き、バスケットボール・Bリーグを軌道に乗せたからだが、一方で、野球との“相性の悪さ”は変わらないようだ。実は、前述のツイート以上に注目されているが、バッティングセンターの話だという。

「お孫さんに誘われてバッティングセンターに行ったら、前に飛んだのは1球だけ。中学時代は野球部だったと話していましたが、全然ダメだったみたいで」(前出・体協詰め記者)

 川淵氏といえば、Jリーグのクラブの在り方を巡って、ナベツネこと渡辺恒雄・読売新聞グループ代表取締役主筆とやり合っていた。

 今日のJリーグを見れば、「プロ野球の巨人のような特別なチームはいらない」とする川淵論は正しかったわけだが、バッティングセンターでナベツネとの激論も思い出したのかもしれない。もっとも、今回のバスケ選手の擁護発言だが、度が過ぎると、別の新聞社も敵に回すことになりそうだが…。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希を「公開処刑」に追い込んだ秋田の超絶美女アナ「Dバスト素顔」
2
岡村隆史が猛批判!アンガールズ田中の「めちゃイケ」丸パクリ番組に「こんな悲しいことある?」
3
石田ゆり子が「服を着ていない丸出し写真」公開、あんなところまで見えてる!
4
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
5
ピンク・レディー「再結成ステージ」がまさかの「15分で終了」のアキレた舞台裏/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史