スポーツ

「競技マージャン」最高顧問に就任した川淵三郎はやっぱり今でも野球嫌い?

 日本バスケットボール協会のエグゼクティブアドバイザーを務める川淵三郎氏のツイッターが話題になっている。アジア大会のバスケットボール男子代表4選手が買春行為と帰国処分について触れ、「新聞記者のとった態度に納得がいかない」「同じ日本人として何故注意してやれなかったのか」と訴えていた。

「川淵さんがバスケ選手を庇ったのは、本心ではないと思います。協会側の人間として擁護してやらないと、当該選手たちの今後に影響すると判断したからです。国内初の競技麻雀のプロリーグの最高顧問にも就いた川淵さんですが、さらに発言力が高まりそうですね」(体協詰め記者)

 競技麻雀の最高顧問に迎えられたのは、Jリーグに続き、バスケットボール・Bリーグを軌道に乗せたからだが、一方で、野球との“相性の悪さ”は変わらないようだ。実は、前述のツイート以上に注目されているが、バッティングセンターの話だという。

「お孫さんに誘われてバッティングセンターに行ったら、前に飛んだのは1球だけ。中学時代は野球部だったと話していましたが、全然ダメだったみたいで」(前出・体協詰め記者)

 川淵氏といえば、Jリーグのクラブの在り方を巡って、ナベツネこと渡辺恒雄・読売新聞グループ代表取締役主筆とやり合っていた。

 今日のJリーグを見れば、「プロ野球の巨人のような特別なチームはいらない」とする川淵論は正しかったわけだが、バッティングセンターでナベツネとの激論も思い出したのかもしれない。もっとも、今回のバスケ選手の擁護発言だが、度が過ぎると、別の新聞社も敵に回すことになりそうだが…。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
テレ東・角谷暁子、ニットがキツそう!まん丸“お椀バスト”がまた進化!?
2
広瀬すず「橋本環奈NG」解除の背水事情(1)格の違いで「相手にならないよ」
3
森七菜、新CM動画“脱ぎシーン”でついに現れた爆裂バスト輪郭が大反響!
4
新垣結衣、大河ドラマ“初出演”に飛び交う「アノ穴はどうする?」の憶測
5
森川夕貴の“電撃婚”で弘中綾香の「円満独立プラン」が頓挫したワケ