芸能

「不貞女子アナ」たちの悲喜こもごも(2)徳永有美が復帰でウッチャンとテレ朝も和解?

 テレ朝関係者が、不貞相手の加藤アナについてこう明かす。

「報道後、上司から事情聴取された加藤は、一般女性と結婚しているにもかかわらず、『本気です!』と真顔で答えてアキれさせました。番組降板という苦汁を味わったことで、2人はとっくに別れたと思っていたのですが、連絡を取り合っていたようですね」

 スキャンダルが報じられ、世間から集中砲火を浴びても、2人の恋は逆に燃え上がったようで、加藤アナは結婚生活を「清算」する道を選んだという。

「昨年、共同で所有していた都内の自宅マンションを奥さんに譲渡し、離婚が成立したと聞きました。都心に新たにマンションを借り、田中とは半同棲のような状態で、『真剣交際』の愛を育んでいるそうです」(テレ朝関係者)

 一方、田中アナと共演した徳永は、別のビッグニュースで局内を騒然とさせた。去る8月8日、同局の看板番組「報道ステーション」で10月から新キャスターに起用されることが発表されたのだ。

 徳永といえば、01年に同期入社のテレ朝局員と結婚後、わずか2年でウッチャンナンチャンの内村光良(54)との不倫温泉旅行が発覚。「スーパーモーニング」などの出演番組を降板する事態に。夫とも離婚し、アナウンス業から離れてデスクワークの日々を送っていた。

「ウッチャンとの関係を断つことを幹部に約束して、04年4月に『報ステ』に復帰しました。その年にアテネ五輪のキャスターに起用されたのに、五輪期間中に内村のマンションに通う姿をフライデーされてしまったのです」(芸能記者)

 このスキャンダルで徳永は退社するとともに、内村と結婚。主婦業に専念していたが、昨年1月からAbemaTVの報道番組「けやきヒル’sNEWS」で職場復帰を果たしていた。

「『報ステ』復帰を決めたのは、早河会長のトップダウン。局内からは『不祥事で辞めた人をなぜ戻すのか』というブーイングも聞かれます。ちなみに徳永のギャラはかなり格安に抑えられていて、1本50万円とも言われています。早河会長のお気に入りのところも含めて、徳永と田中は共通点が多い。徳永がAbema経由で地上派に復帰したことで、田中は親しい局員に、『私にもチャンスがありそう』と、うれしそうに話していたそうです」(テレ朝関係者)

 徳永効果で報ステの視聴率がアップすれば、田中アナが地上派に戻ってくる可能性も十分ありそうなのだ。

「テレ朝は徳永との関係を築き、ゆくゆくは内村との“雪解け”を狙っているフシがあります。不倫騒動後、内村は10年間テレ朝を“出禁”になっていますが、『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)など、今や視聴率男として数々の番組を成功させている。むしろ早く冠番組を持たせたいのです」(芸能記者)

 それでも「報ステ」内部では、こんな心配事もささやかれている。番組関係者が声を潜める。

「徳永に合わせてもっと番組のノリを軽くするために、7月に朝のワイドショーからチーフプロデューサーが『報ステ』に異動になりました。その人が20年以上かわいがっている部下が、徳永の元ダンナなんです。番組スタッフに加われば、当然、バッティングは避けられません」

 いらぬ「騒動」だけは起こしてほしくない、というのが本音のようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
嵐・相葉主演ドラマが爆死状態で“なりふり構わぬテコ入れ作戦”始まった!
2
関ジャニ大倉、ファンからカバンに「使用後肌着」大量入れられ被害の“苦悩”
3
有吉弘行が主催する“有吉会”の会員は「番組でエコヒイキされる」!?
4
今年もダウンタウンが「嫌いな芸人」1位!選出される“キーワード”とは?
5
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!