社会

“保存版”完全発毛マニュアル(2)<「最新治療」の現場>自分の体から採取した血液を頭皮に直接注入

 薄毛の治療を受ける人は、薄毛で悩んでいる男性の半分ほどしかいないという。しかし現在では薄毛治療の医院が増え、研究も進んでいる。1人で悩んでいることはないのだ。

 薄毛治療といえば、もちろん医院での投薬治療が王道だろう。医療ジャーナリストの谷川渓氏が解説する。

「脱毛を引き起こすDHT(男性ホルモン)を抑制する内服薬と発毛を促す内服・外用薬を併用することで頭皮の状態を改善し、育毛・発毛を促進します。上限は1カ月3万円ほどで、効果が現れるまでには半年ほどの時間が必要でしょうね」

 それでも効果がなければ、最新発毛医療にすがりたい。ここに「バンパイア療法」と呼ばれているものがある。

 正式にはPRP(自己多血小板血漿)療法と言われ、整形外科などでは以前からスポーツ選手の肘内側・外側上顆炎などの治療に行われていた再生医療の一つだ。ヤンキースの田中将大が肘の靭帯修復のために施術を受け、話題になった療法である。

 これを発毛に利用し始めると、2011年に行われた臨床試験で高い効果があったが、16年から治療が始まったばかりで、まだ治療を行うクリニックは少ない。

 この先進発毛治療を行っている米国ボズレー社(本社・ロサンゼルス)は、我が国の総合毛髪関連企業「アデランス」のグループ企業で、米国最大の毛髪移植クリニックとして知られた抜け毛対策ソリューションも提供している。ボズレー社のPRP療法をアデランス研究開発部次長で毛髪診断士の伊藤憲男氏が説明してくれた。

「PRP治療は、患者自身の血液を採取、PRP組織(多血小板血漿)を取り出し、頭皮に注射するものです。もともと体内にある成分で自身の組織の再生を促進させますので、安心感があります。日本ではまだ行っている医療機関は多くありませんが、今後さらに研究され、注目度が高まるであろう治療の一つであると言えます」

 自分の体から採取した血液を頭皮に直接注入することで発毛を促す手法だから、吸血鬼のバンパイアになぞらえて命名されたのだという。今一番の人気治療法だというが、総額50万~90万円という費用の高さが頭の痛いところか。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
2
2026年WBC「ピッチクロック採用」に猛反対する日本球界の交換条件は「大谷翔平DHルール」
3
鉄道ファン騒然「青春18きっぷ」夏用の販売中止を裏付ける「決定的証拠」が出た!
4
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
5
今江敏晃監督の「超冷酷采配と大バクチ」で一気に浮上した楽天に「ひとりカヤの外」の男