芸能

飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(3)刑務所に入ったら…

 塀の中のトラブルは尽きない。ボーイッシュなキャラで知られた吉澤だけに、多くの女囚からアツい視線を浴びることは必至。

「塀の中では女性同士の同性愛を指す“チンタラ”という隠語があるくらいですからね。語源は男性のモノが足らない関係。やはり誰かと寄り添っていないと、生きていけないほど過酷な環境なんです。男役をトイチ、女役をハイチと呼ぶこともあり、関係性を『トモダチ同士』『イトコ同士』といった具合にランク付けするのも特徴。中には『ホンキ』といって出所後に一緒になろうと誓い合うカップルもいます」(影野氏)

 たとえ当人にソノ気がなくても、対岸の火事では済まされない。

「受刑者はみんな性欲がたまりまくってますから‥‥」

 中野氏はこう前置きしたうえで、自身に降りかかった壮絶なエピソードを明かす。

「入浴中に後ろから耳たぶをかまれたり、アソコに指を入れられそうになったこともありました。あとは、寝ている間に隣の人が触ってくることもあります。でも、こんなことをされて『キャー!』とか大声を出すと懲罰の対象になるので、耐えるしかありません。懲罰を受けると、仮釈放に影響したり、行事の参加や面会も許されなくなりますから‥‥。かわいい“新入り”を取り合って大ゲンカになることもあって、女囚同士のバトルはホンマ壮絶です」

 性と暴力が交錯する女子刑務所に放り込まれては、ファンならずとも気が気でないだろう。だが、吉澤のように交通事犯での服役となれば若干、事情が異なってくるようで‥‥。

「犯罪傾向が進んでいないことから、開放的な処遇で知られる交通刑務所への服役が想定できますが、女性を受け入れる交通刑務所はありません。そのため、全国に4カ所ある半官半民の社会復帰促進センターへの入所もありえます。そこは完全個室で、ある程度はプライバシーが守られるうえに、ICタグつきの舎房着を着用するため、所内の移動も比較的自由。恵まれた環境下で、出所後のために職業訓練を受けることができます」(影野氏)

 独居暮らしとなれば、レズ女囚に寝込みを襲われる心配はなさそうだが、

「ずっと独りぼっちで誰とも話さないでいると、イジメやセクハラの心配はなくても、鬱病などになったりするので、いずれにしろムショ暮らしはよくありませんよね」(中野氏)

 他人の命を危険にさらした、酒気帯び大暴走の代償は大きい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
動画で「加工疑惑」払拭!「元ブルゾンちえみ」藤原詩織がやせて美的に大進化
2
NHK赤木野々花が“タオル回し”で発揮した“放送事故”級「Fバスト弾み揺れ」
3
フジ堤礼実“肌着のヒモ見え”だけで大騒ぎになった人気と“期待値”
4
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
5
佐々木希じゃ1分もたない?渡部建が不貞報道で最も失笑を買った“即昇天”