スポーツ

武豊 4000勝の「初耳“裏”トリビア」18(2)海外から持ち込んだ数々のモノ

 武のデビューは87年。その競馬人生は、日本が国際化への道を歩んできた歴史とほぼ重なる。

「日本競馬界の進歩は、武が早くから海外に目を向けたことと無縁ではないでしょう。デビュー2年後の89年には、馬主のバックアップもあって初のアメリカ遠征を果たし、海外初勝利を挙げています」(競馬サークル関係者)

 その後は毎年のようにイギリス、フランスなどに渡り、本場の競馬を肌で感じてきた。その「成果」は計り知れないものがある。

「まず、騎手のあり方が大きく変わりました」

 と明かすのは、スポーツ紙競馬担当記者である。

「例えば、騎手の勝負服は体にピッタリとしたエアロフォームがほとんどですが、これなども武が初海外遠征先のアメリカで見て『これはいい』と日本に持ち込んだもの。初めて着用したのは89年秋の阪神でしたが、効果てきめん。空気抵抗を受ける度合いが減って、接戦を次々とモノにしていきました。その結果、デビュー3年でリーディングを取ることができた」

 それだけではない。騎手の補助業務をするバレットも海外で実際に見た武が持ち込んだものだ。日本ではまだ10年ぐらいと歴史は浅いが、今や欠かせない存在となっている。ベテラン競馬ライターが言う。

「武は騎手デビュー前に、兄弟子の河内洋(現・調教師)の身の回りの世話をしていた。その経験から、早くからバレットの必要性を感じていたのです」

 今や見習い騎手が海外修業をすることは当たり前となっているが、これも武が長期にわたって海外遠征をし、現地で日本人騎手が騎乗できる基盤をしっかりと築いてきたおかげだ。

 忘れてならないのは、「世界のタケ・ユタカ」になるにつれ、海外の騎手が日本の競馬に興味を持ち、来日して騎乗したがるようになったこと。ペリエなどは武の口利きで日本の馬主や調教師を紹介され、乗り始めた。ペリエは「日本でたくさん勝てたのは豊さんのおかげ。恩人です」と語っているが、決してオーバーな発言ではない。

 順風満帆な競馬人生を歩んできたかに見える武だが、つまずきも、珍プレーもあった。さらに、ファンをアッと言わせた万馬券も演出してみせた。

 まずは、そのレースがきっかけでコースを直すまでに至った、91年秋の天皇賞から見ていこう。

 武が騎乗した1番人気メジロマックイーンは、1コーナー過ぎのポケットからスタートすると、最初のコーナーを内側に切り込むように回ったことで他馬に迷惑をかけ、1着から最下位へ降着。騎乗停止処分も受けることになった。判定が出るまで20分を要する難しい裁決。結局、ラフプレー扱いで決着したが、それでコトは収まらなかった。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
手越祐也の“弁当宅配”に水を差した「道交法違反では?」疑問の声!
2
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?
3
「ドクターX」米倉涼子の降板説で飛び交う“2代目大門未知子”仰天候補
4
「肌がピチピチ!」生田斗真は恋人・清野菜名のアソコに惚れた?
5
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃