芸能

NHK紅白、「ハラスメント部長停職処分」であの国民的女優が“司会白紙”へ!?

「今年の目玉は誰かな?」

「あの大物歌手は今年はどう?」

 10月の番組改編を終えると、芸能関係者の関心は、早くも年末のNHK紅白歌合戦へと傾くこととなる。民放プロデューサーが語る。

「この時期になると、業界では挨拶代わりになるくらい。正直、誰もが口ずさめるヒットソングが生まれない時代に、それでも国民的歌番組の体裁を維持する編成をしなければいけないだけに、並々ならぬ苦労があるはずです」

 今年はダンスが「ダサかっこいい」と話題のDA PUMPの「U.S.A」が大ヒットしたが…。NHK関係者が打ち明ける。

「間違いなく当確1号でしょう。他に、今年がデビュー40周年で6月にはNHKホールで記念ライブを行ったサザンオールスターズが出演に前向きだということです。また今年は、スポーツイベントも多く、平昌五輪の主題歌を歌ったSEKAI NO OWARI、同じくサッカーW杯のサチモスなどが当確。これに朝ドラ『半分、青い。』の主題歌の星野源も出演確実なだけに時代遅れとは呼ばせません。残すは、審査員枠に全米オープンを制した大坂なおみのスケジュールを押さえられれば、話題性も十分です」

 タマ切れ目玉不足にあえいできたのがウソのような盤石さだが、ここにきて内部で不祥事が発覚した。芸能デスクが説明する。

「制作局エンターテインメント番組部の部長が紅白での女性局員への性的ハラスメントで3カ月の停職処分を受けていたことが発覚したのです。実はこのX氏は紅白の統括プロデューサーを担当しており、一昨年のタモリとマツコをふるさと審査員に起用したほか、『ひよっこ』放送前に有村架純を紅組司会として起用した敏腕プロデューサーです。今年も司会には、松本潤と、3年連続での有村の起用がほぼ内定していたのですが、この下半身醜聞との関連を嫌って白紙撤回となる可能性も出てきました」

 国民的関心事の紅白は今年も簡単には片付きそうもない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
2
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
3
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
4
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
5
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件【2024年6月BEST】