芸能

NHK紅白、「ハラスメント部長停職処分」であの国民的女優が“司会白紙”へ!?

「今年の目玉は誰かな?」

「あの大物歌手は今年はどう?」

 10月の番組改編を終えると、芸能関係者の関心は、早くも年末のNHK紅白歌合戦へと傾くこととなる。民放プロデューサーが語る。

「この時期になると、業界では挨拶代わりになるくらい。正直、誰もが口ずさめるヒットソングが生まれない時代に、それでも国民的歌番組の体裁を維持する編成をしなければいけないだけに、並々ならぬ苦労があるはずです」

 今年はダンスが「ダサかっこいい」と話題のDA PUMPの「U.S.A」が大ヒットしたが…。NHK関係者が打ち明ける。

「間違いなく当確1号でしょう。他に、今年がデビュー40周年で6月にはNHKホールで記念ライブを行ったサザンオールスターズが出演に前向きだということです。また今年は、スポーツイベントも多く、平昌五輪の主題歌を歌ったSEKAI NO OWARI、同じくサッカーW杯のサチモスなどが当確。これに朝ドラ『半分、青い。』の主題歌の星野源も出演確実なだけに時代遅れとは呼ばせません。残すは、審査員枠に全米オープンを制した大坂なおみのスケジュールを押さえられれば、話題性も十分です」

 タマ切れ目玉不足にあえいできたのがウソのような盤石さだが、ここにきて内部で不祥事が発覚した。芸能デスクが説明する。

「制作局エンターテインメント番組部の部長が紅白での女性局員への性的ハラスメントで3カ月の停職処分を受けていたことが発覚したのです。実はこのX氏は紅白の統括プロデューサーを担当しており、一昨年のタモリとマツコをふるさと審査員に起用したほか、『ひよっこ』放送前に有村架純を紅組司会として起用した敏腕プロデューサーです。今年も司会には、松本潤と、3年連続での有村の起用がほぼ内定していたのですが、この下半身醜聞との関連を嫌って白紙撤回となる可能性も出てきました」

 国民的関心事の紅白は今年も簡単には片付きそうもない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
阿部華也子が人気番付2連覇!美女お天気キャスター「ムレムレ艶事件」大公開
2
7年前に“兆候”?「軽度認知症」蛭子能収、バス旅で見せていた気になる場面
3
半沢直樹“最終回、幻のラストシーン”(1)「頭取、そりゃないぜ」と思ったら意外な出向理由が
4
重盛さと美、“東大卒IT社長と破局告白”に「元ヤンが遊ばれただけ?」の声
5
佐々木希じゃ1分もたない?渡部建が不貞報道で最も失笑を買った“即昇天”