スポーツ

追悼・輪島 黄金の左で投げ飛ばした波乱万丈70年(3)天真爛漫さはミスターと双璧

 土俵の上では鬼神のごとく猛々しい表情で勝負に挑んでいた輪島だったが、いったん土俵を下りれば、そのキャラクターで、記者や角界関係者からも愛された。スポーツ紙デスクが言う。

「あれは大関昇進の時です。協会の使者に口上を述べる際、『謹んでお受けします』と言ったものの、あとが続かない。しばらく考えたあと、『えっと、次何と言うんですか』と親方とやって、花籠部屋の会見場は爆笑の渦に包まれた。本当に憎めない人でした」

 かと思えば、横綱昇進の際は「稽古に精進します」などの言葉はなく、

「僕なりにマイペースにのんびりやります」

 とコメントするなど、元祖オレ流を貫いていた。

 当時、伝統と形式を重んじる角界にあって、輪島は規格外だった。言葉遣いひとつとっても「稽古」ではなく「練習」という言葉を使う一方、四股やテッポウといった稽古よりもタイヤを引きずって走るトレーニングを重視した。

「稽古のやり方からして、今までのものを否定したんです」(スポーツ紙デスク)

 華々しい成績とは裏腹に、金星を数多く献上したのも、記録ではなく記憶に残る名横綱ならではと言えよう。36個目の金星を配給した時のことである。

「NHKのアナウンサーが取組後のインタビューで『あの黄金の左はどこへいったんでしょう』と突っ込むと、輪島は『まだ、まだ健在です。昔は左でしたが、今は金星を与えるので、黄金の左と呼ばれています』と切り返した。アナウンサーは二の句が継げなかったそうです」(スポーツ紙デスク)

 おちゃらけているのではなく、本人はいたって真面目。どこか、球界のミスターこと長嶋茂雄氏の語録を聞いているようである。それだけではない。古参の相撲記者が明かす。

「知人から銀座の簡易公衆電話に電話がかかり、通話制限時間が迫った。相手がもう切れると伝えると、大丈夫、こっちから10円入れるからと答えた。トイレ(WC)とCMを混同したり、辛子明太子を『さちこめんたいこ』と思い込んでいたり、『オレは猫背だから、熱いものは食べられない』と真面目に言い放ったこともある」

 ベテラン相撲記者が、プロレス界にデビューする前後のエピソードを紹介してくれた。

「ある友人の家に呼ばれていった時のことです。冷蔵庫のもの、食べていいよと言われて食べたのが、なんとキャットフード。友人は『これ、キャットフードだよ』と驚いたが、おいしいねと平らげてしまった。本人はキャットフードをコンビーフと誤解している様子でした。全日本プロレスに入団して馬場家に招待された時も、元子夫人に『輪島さんは何がお好き?』と聞かれ、すかさず『キャットフードです』と答えている。これには、苦笑いするしかなかったそうです」

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
東出昌大、「不貞を笑いに変えた袴田&原田のようにはなれない」最大理由!
2
浜崎あゆみが別人に!?「誰これ?」「怖すぎ」コメントが続々
3
やることがイケメン過ぎ! King Gnu井口理に日向坂46ファンから感謝の声殺到
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
「知らなくていいコト」、重岡大毅の“闇深演技”にドン引きの声も興味爆増!?