スポーツ

追悼・輪島 黄金の左で投げ飛ばした波乱万丈70年(3)天真爛漫さはミスターと双璧

 土俵の上では鬼神のごとく猛々しい表情で勝負に挑んでいた輪島だったが、いったん土俵を下りれば、そのキャラクターで、記者や角界関係者からも愛された。スポーツ紙デスクが言う。

「あれは大関昇進の時です。協会の使者に口上を述べる際、『謹んでお受けします』と言ったものの、あとが続かない。しばらく考えたあと、『えっと、次何と言うんですか』と親方とやって、花籠部屋の会見場は爆笑の渦に包まれた。本当に憎めない人でした」

 かと思えば、横綱昇進の際は「稽古に精進します」などの言葉はなく、

「僕なりにマイペースにのんびりやります」

 とコメントするなど、元祖オレ流を貫いていた。

 当時、伝統と形式を重んじる角界にあって、輪島は規格外だった。言葉遣いひとつとっても「稽古」ではなく「練習」という言葉を使う一方、四股やテッポウといった稽古よりもタイヤを引きずって走るトレーニングを重視した。

「稽古のやり方からして、今までのものを否定したんです」(スポーツ紙デスク)

 華々しい成績とは裏腹に、金星を数多く献上したのも、記録ではなく記憶に残る名横綱ならではと言えよう。36個目の金星を配給した時のことである。

「NHKのアナウンサーが取組後のインタビューで『あの黄金の左はどこへいったんでしょう』と突っ込むと、輪島は『まだ、まだ健在です。昔は左でしたが、今は金星を与えるので、黄金の左と呼ばれています』と切り返した。アナウンサーは二の句が継げなかったそうです」(スポーツ紙デスク)

 おちゃらけているのではなく、本人はいたって真面目。どこか、球界のミスターこと長嶋茂雄氏の語録を聞いているようである。それだけではない。古参の相撲記者が明かす。

「知人から銀座の簡易公衆電話に電話がかかり、通話制限時間が迫った。相手がもう切れると伝えると、大丈夫、こっちから10円入れるからと答えた。トイレ(WC)とCMを混同したり、辛子明太子を『さちこめんたいこ』と思い込んでいたり、『オレは猫背だから、熱いものは食べられない』と真面目に言い放ったこともある」

 ベテラン相撲記者が、プロレス界にデビューする前後のエピソードを紹介してくれた。

「ある友人の家に呼ばれていった時のことです。冷蔵庫のもの、食べていいよと言われて食べたのが、なんとキャットフード。友人は『これ、キャットフードだよ』と驚いたが、おいしいねと平らげてしまった。本人はキャットフードをコンビーフと誤解している様子でした。全日本プロレスに入団して馬場家に招待された時も、元子夫人に『輪島さんは何がお好き?』と聞かれ、すかさず『キャットフードです』と答えている。これには、苦笑いするしかなかったそうです」

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(1)本田翼は楽屋での毒づきが…
2
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(3)『ギャル枠』はみちょぱの一人勝ち
3
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(2)結果が出せない宇垣美里
4
「バス旅」太川陽介を唸らせる河合郁人の活躍で川崎麻世に不要論!
5
浅田舞“Eカップ”くっきり“宅トレ”番組が朝から際ど過ぎた!