芸能

やしきたかじんを全国区にした大ヒット作詞家・及川眠子が激白(2)「クルクルさせて」という注文

 たかじんは生前、彼流の言い回しで及川氏をたたえた。

「100年に1人とは言わん。でも10年に1人の作詞家に、俺は出会えたな」

 そんなたかじんも64歳の若さで世を去ってから、4年がたった──。及川氏は感慨深げに回想する。

「早かったな‥‥。年齢的にもそうだけど、病気になってからが早かった。いつも夜中に酔っ払って電話をかけてきては『オレは頑張るんや!』って叫ぶの。『ハイハイ』って言ってあげて、そのうち電話自体もあまり取らないようにしてたけど」

 たかじんの死後、及川氏は思いがけない騒動に巻き込まれた。たかじんの晩年の夫人との日々をつづった百田尚樹氏の著書「殉愛」を巡り、ツイッター上でバトルが始まる。

「私が書いた『エゴイズム』の歌詞が引用されていたんですよ。ところが百田氏は、肝心な最後の部分──つまり女の怖さをカットしているんです。そのことを指摘すると『この機に乗じて売名行為する作詞家』と。私のことを知っている人たちから総攻撃され、大炎上していました(笑)」

 たかじんが生きていたら、「どアホ!」と一喝されるところだ。

 及川氏にとって、もう1組、忘れられないのがWinkだ。今年8月4日、相田翔子(48)と鈴木早智子(49)の2人は、10年ぶりのステージに立った。NHK夏の風物詩「第50回思い出のメロディー」に出場し、デビュー30周年に花を添えたのである。

「まあ、声が(かつてのように)出ないのはしかたない。あの頃は何も考えず歌っているけど、今は感情が入ってくるから、歌は変わって当然」

 Winkには水橋春夫氏という天才プロデューサーがいた。伝説のロックバンド「ザ・ジャックス」の一員であり、80年代には横浜銀蝿をブレイクさせている。

「Winkのチームでいうなら、水橋さんだけが天才。編曲の船山基紀さんや私は職人という感じかな」

 水橋氏の哲学は「ヘンなモノじゃないと売れない、時代を変えられない」だった。例えば、大ヒットして平成最初(89年)の日本レコード大賞に輝いた「淋しい熱帯魚」がそうだ。

「私に対する(水橋氏の)詞の注文は『クルクルさせて』だったの。そこからカラオケの定番になった『ユラユラSwimmi’n』や『ユラユラDreami’n』の奇妙なサビにつながったんです」

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
2
田中理恵、バストアップに成功!恍惚表情もタマらないストレッチ動画の中身
3
太川陽介「路線バス陣取り合戦」、川崎麻世が2回目で外されたワケとは?
4
松井玲奈、鉄道愛熱弁も「スカートから肌着丸っと見え」疑惑でネット騒然!
5
佐々木希、匂わせたのは妊娠?離婚?「謎すぎインスタ」が超深読みされていた