芸能

宝塚トップスターもひれ伏した!?松岡修造「愛娘」の“超お姫様待遇”証言

 9月の半ばのある日、宝塚大劇場内が一時騒然とした。松岡修造の長女、松岡恵さんが、宝塚月組公演の人気演目「エリザベート~愛と死の輪舞(ロンド)~」の新人公演(入団7年目までの生徒が出演)を観劇していたのだが、問題はそのこと自体ではない。

 偶然その現場に居合わせた宝塚に詳しいライターがこう明かす。

「松岡恵さんは音楽学校の同期生数人と来ていて、S席センター9列目で観劇されていました。ただ、その後ろには本公演の『エリザベート』で主役のトートを演じている月組のトップスターの珠城りょうさんも観劇されていたんです。『現役トップよりも音楽学校の生徒がいい席に座っている』と居合わせたファンの間では話題になっていました。珠城さんの憮然とした表情と、舞台を食い入るように見つめる松岡恵さんの眼差しが対照的でした」

 これは「規律正しい宝塚歌劇団においては異例の事態」だとライターが続ける。

「音楽学校の生徒も勉強のため宝塚の舞台はよく観劇されています。ただ、上下関係に厳しい宝塚で先輩よりいい席で観るというのは普通ならありえません。松岡恵さんといえば、阪急東宝グループ創業者で宝塚歌劇団の創立者・小林一三氏の玄孫(やしゃご)という超サラブレッド。劇場側の配慮でこの席になったと思うのですが、やはりご令嬢ならではの待遇だなと思いました」

 そんな松岡恵さんは来春いよいよ宝塚歌劇団に入団する。

「宙組ミュージカル『オーシャンズ11』の初舞台で口上とラインダンスを披露します。口上では、初舞台生自身が数人ずつ日替わりで決意等を観客に述べるのが通例です。松岡恵さんの口上の時には宝塚ファンはもちろんマスコミや一般客も殺到するのではないかとささやかれています」(前出・ライター)

 父である松岡修造も娘のデビューを今から心待ちにしていることだろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ケガ離脱中」巨人・坂本勇人復帰後の「取り扱い」を原監督が明言した
2
石田ゆり子が「服を着ていない丸出し写真」公開、あんなところまで見えてる!
3
ピンク・レディー「再結成ステージ」がまさかの「15分で終了」のアキレた舞台裏/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
佐々木希を「公開処刑」に追い込んだ秋田の超絶美女アナ「Dバスト素顔」
5
岡村隆史が猛批判!アンガールズ田中の「めちゃイケ」丸パクリ番組に「こんな悲しいことある?」