芸能

宝塚トップスターもひれ伏した!?松岡修造「愛娘」の“超お姫様待遇”証言

 9月の半ばのある日、宝塚大劇場内が一時騒然とした。松岡修造の長女、松岡恵さんが、宝塚月組公演の人気演目「エリザベート~愛と死の輪舞(ロンド)~」の新人公演(入団7年目までの生徒が出演)を観劇していたのだが、問題はそのこと自体ではない。

 偶然その現場に居合わせた宝塚に詳しいライターがこう明かす。

「松岡恵さんは音楽学校の同期生数人と来ていて、S席センター9列目で観劇されていました。ただ、その後ろには本公演の『エリザベート』で主役のトートを演じている月組のトップスターの珠城りょうさんも観劇されていたんです。『現役トップよりも音楽学校の生徒がいい席に座っている』と居合わせたファンの間では話題になっていました。珠城さんの憮然とした表情と、舞台を食い入るように見つめる松岡恵さんの眼差しが対照的でした」

 これは「規律正しい宝塚歌劇団においては異例の事態」だとライターが続ける。

「音楽学校の生徒も勉強のため宝塚の舞台はよく観劇されています。ただ、上下関係に厳しい宝塚で先輩よりいい席で観るというのは普通ならありえません。松岡恵さんといえば、阪急東宝グループ創業者で宝塚歌劇団の創立者・小林一三氏の玄孫(やしゃご)という超サラブレッド。劇場側の配慮でこの席になったと思うのですが、やはりご令嬢ならではの待遇だなと思いました」

 そんな松岡恵さんは来春いよいよ宝塚歌劇団に入団する。

「宙組ミュージカル『オーシャンズ11』の初舞台で口上とラインダンスを披露します。口上では、初舞台生自身が数人ずつ日替わりで決意等を観客に述べるのが通例です。松岡恵さんの口上の時には宝塚ファンはもちろんマスコミや一般客も殺到するのではないかとささやかれています」(前出・ライター)

 父である松岡修造も娘のデビューを今から心待ちにしていることだろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
深田恭子が杏、北川景子に続き“百合遊戯”標的に狙い定めた「若手女優」
2
「50万でどう?」坂口杏里から誘いを受けた男性から語られた衝撃の事実とは?
3
美女アナ「仁義なき覇権バトル」春の陣(3)テレ東は田中瞳が一気にエースアナへ
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
ヒカキン「めざましテレビ」レギュラー決定も局内から「安直すぎる」の声