芸能

今年もダウンタウンが「嫌いな芸人」1位!選出される“キーワード”とは?

 11月15日発売の「週刊文春」が恒例のアンケート企画「好きな芸人」「嫌いな芸人」のランキングを掲載した。「好きな芸人」の1位はサンドウィッチマン。2位明石家さんま、3位ダウンタウン。「嫌いな芸人」は1位がダウンタウン。2位明石家さんま、3位がとんねるずという結果になった。

 芸能ジャーナリストは「好きでも嫌いでも、キーワードは“イジメ”」だと分析する。

「サンドを選出した理由を見ると『他人や弱者をからかった笑いではない』『人を貶める笑いをしない』などでした。一方、2年連続嫌いで1位になったダウンタウンの理由は『下品な“弱い者いじめ芸”のトップランナー』など。やはり他者を傷つけるような芸では笑えないということです」

 視聴者からのクレームなどを審理する放送倫理・番組向上機構(BPO)も「水曜日のダウンタウン」(TBS系)と思われる番組に対し〈子どもが真似をして人間関係を壊したり、いじめを助長するおそれがある。子どもも見る時間帯にここまで悪ノリした企画を放送するのはいかがなものか〉との意見を公式サイトに上げている。

 松本人志は16年に「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、バラエティ番組などで行われる「イジり」が、子供の「いじめ」を助長するとの指摘が出ている件について「やっぱりそこは笑えるかどうか。でも笑いって、『好み』っていうところで結局片付けられてしまうことが多い」と発言。これに対しネット上で「テレビ的にはいじりでも、はたから見たらいじめでしかない」などの批判を浴びた。

 自分より立場の弱い後輩芸人をイジって笑いを取る手法は、最近の視聴者からは“NO”を突き付けられてしまうようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
新垣結衣「イメージ崩壊」私生活(2)最長30時間もトイレに行かず寝続けた
2
梅宮辰夫の電話番号を消す和田アキ子に「意味がわからない」大ブーイング!
3
新垣結衣「イメージ崩壊」私生活(1)風呂嫌いにトップス裏返し
4
吉岡里帆が「亀の頭チラッと見せ」ショットを公開!意味深すぎて男子騒然
5
胸の先端がピンコ立ち!映画「人間失格」で「マッパになった」大物女優とは