芸能

石橋貴明、たいむとんねる打ち切り間近で「細かすぎモノマネ」レギュラー化!?

 11月26日に放送されたバラエティ番組「石橋貴明のたいむとんねる」(フジテレビ系)に、歌手の倖田來未がゲスト出演した。同番組にて倖田が、とんねるずの楽曲について語る一幕があったという。

「今回、番組は“様々な歌手が意外なカバー曲を発表していた”というテーマで進行しました。その中で倖田は『迷惑でしょうが…』と前置きしつつ、次のアルバムでとんねるずの曲をカバーしたいと告白。そして『誰が行くって言ったらあたしやろ。みたいなね』と本気のアピールをし、94年に発売されたシングル『ガニ』を絶賛。これには石橋も驚きの表情を見せ『ちょっと(作曲した)後藤次利に話しときます』とコメントしました」(テレビ誌記者)

 このやり取りにSNSでは「倖田來未のとんねるずカバーめっちゃ聞きたい!」など、期待の声が多く飛び交っている。とはいえ、同番組は毎回、マニアックな題材を扱うため、一部の視聴者には強い支持を受けているものの、業界ではある理由で打ち切りが囁かれているという。

「11月27日発売の『女性自身』がフジテレビ関係者を取材したところ、『たいむとんねる』は来春にも打ち切りの対象に入っているとのこと。同番組は開始以降、低視聴率を連発していることが原因のようです。今回の報道に、とんねるずファンからは『だったら「細かすぎモノマネ」をレギュラー化してほしい』との声も上がっています。モノマネは先日の特番で、フジのバラエティとしては珍しく2ケタ視聴率を記録し、視聴者からも好評でしたから、その可能性は十分あるでしょう」(前出・テレビ誌記者)

 最近は、「超逆境クイズバトル!! 99人の壁」や「芸能人が本気で考えた!ドッキリGP」など、特番で少しでも手応えがあれば、すぐにレギュラー化しているフジテレビ。「細かすぎて伝わらないモノマネ」も、その流れとなるのだろうか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
プロ野球 セパ「12球団の一平ちゃん」を暴く!(3)佐々木朗希「成績度外視メジャー入り」密約で総スカン
5
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す