芸能

美女アナ「NO.1争奪バトル」がエグすぎる(3)テレ朝・弘中綾香は竹内由恵越えの過激発言?

 テレビ朝日の人気バラエティー「激レアさんを連れてきた。」で活躍中の弘中綾香アナ(27)について、テレビ関係者が証言する。

「以前から彼女は『私を抱きたいって正直に言えよ』など、飲みの席での放言が話題になっていましたが、最近、過激発言がさらにエスカレートしています」

 その口撃のターゲットはなんと、先輩の竹内由恵アナ

「弘中アナは昨年放送のバラエティーで『由恵さんには負けたくない』と発言するなど、ライバル心を剥き出しにしていたのですが、ついに爆弾発言が飛び出したのです。場所は六本木のダイニングバー。最近の活躍について飲み仲間のイケメン同僚たちに持ち上げられた弘中アナは、よほど気持ちよかったのか『さすがに竹内さんは超えたでしょ』と堂々の新エース宣言をしたそうで、さっそく、翌日には噂になっていました」(テレビ関係者)

 美女アナたちのナンバーワン争奪バトルはもはや、局内にとどまらない。

「最近、TBSの宇垣美里アナ(27)が心に闇を抱えた“闇キャラ”として注目を集めたことで、同じく“闇”を売りにするフリーの田中みな実(32)が腹を立てているんです」

 とはテレビ関係者だが、両者の今後の遺恨合戦に戦々恐々の思いとか。

「田中としては『先に“闇キャラ”で売り出したのは自分』との思いが強く、さらにはTBSの後輩である宇垣に仕事を奪われていると感じて憤っている。今後、番組で直接罵り合う“闇キャラバトル”に発展する可能性もあります」

 NHKでも、美女アナ同士のデッドヒートが繰り広げられている。NHK関係者が明かす。

「最近、杉浦友紀アナ(35)と桑子真帆アナ(31)が、カラダの面で何かと張り合っているんです。桑子アナはスタッフとの飲み会で本音トークに発展することが多いのですが、この前は『胸の形は私のほうがよくないですか?』とぶっちゃけて大ウケだったそう。一方の杉浦アナも、桑子アナと同席する際はいつもより美巨乳を強調する格好をしていると、局内ではもっぱら。ライバル意識があるのは明らかですよ」

 バトルの火種は美巨乳スタイルにとどまらない。

「NHKを出て民放の高額ギャラで稼ぎまくっている有働由美子(49)に続けとばかりに杉浦、桑子の両アナともに、フリー転身のタイミングをうかがっているのは知られた話。現状、上層部のプレッシャーで2人とも『辞める』とは言えませんが、どちらにとっても先を越されたらいよいよ辞められなくなる。来年は、早抜けバトルの激化も必至です」(NHK関係者)

 エグすぎてオンエアできないバトルはしばらく続きそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
千眼美子、台湾で見せた「肉体の激艶変化」に男性ファンが騒然!
2
石田ゆり子が結婚できない理由はペットにあらず!本当の原因は別だった?
3
デカすぎる!本田翼、美バスト披露でメイキング映像にアクセス殺到!
4
鈴木愛らとバチバチ!「しぶこ」が同組で無視される“緊迫バトル”全貌とは?
5
日テレ水卜麻美、リバウンド指摘もファンから上がった「歓喜の声」!