芸能

嵐、「出川哲朗が初CMキング」の裏で“急降下”した美しくない理由!

 12月3日、「2018タレントCM起用社数ランキング」(ニホンモニター)が発表された。男性部門は、お笑い芸人の出川哲朗が初の栄冠に、女性部門は、乃木坂46の白石麻衣(18社)が初のCMクイーンに輝いた。

「例年、男性部門のトップは11~12社の契約社数です。出川は14社で、2位の11社(ロバートの秋山竜次、高橋一生)を大きく引き離した。かつての嫌われキャラが、今や真逆の癒やされキャラに大変身。女子高校生から『カワイイ!』と言われ、1度見たら忘れられないユニークさでチビッ子にバカ受け。お年寄りまで抜群の知名度を獲得した。インパクトあふれる濃いキャラだけに、受け入れられたら強い。当分ひっぱりだこが続きそうです」(女性誌記者)

 毎年ベスト10常連だった嵐は、意外な結果となった。15、16年と12社のCMに出演し、CMキングを連覇した相葉雅紀がまさかのダウン。9社と急減したため、二宮和也、櫻井翔らと仲良く同率4位に。松本潤は8社で5位となった。大野智に至っては、ベスト10圏外となった。嵐の残念な結果についてジャニーズウオッチャーが分析する。

「すべてはメンバー各人の熱愛報道が足を引っ張っているんではないでしょうか。アイドルたるもの、女っ気がないのが一番。女性に商品を訴求していくので、スポンサーもノースキャンダルを歓迎しますから、契約期間中にスキャンダルなど起こされたら、被害は甚大、起用に二の足を踏むのも当然でしょう。どの報道もメガトン級の破壊力で、実際、CDの売り上げ枚数が減っています。人気のなくなったアイドルは輝きを失い、ファンにもスポンサーにも見向きもされなくなっていきますよ。3年前、同棲を写真誌にスクープされた大野は、昨夏公開の映画以降単独の仕事が途切れたまま。テレビ出演も減り、単独CMは2社のみになった。グループ随一の実力と才能を持ちながら、お茶を引くありさまです」

 嵐結成20周年記念イヤーにまさかの転落が始まるのかどうか。しばらく目が離せない。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
4
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
5
巨人・原監督、桑田コーチを招聘の裏にあの“大物球団OB”を巡る思惑が!?