芸能

これが芥川賞作家の洞察力!又吉直樹が霜降り明星のブレイクを予言していたッ

 12月2日に決勝戦が行われた「M-1グランプリ」にて、みごと優勝を果たしたお笑いコンビの「霜降り明星」。結成6年目で25歳&26歳という若いコンビの優勝に、お笑い新世代の台頭を予感したファンも多かったようだ。

「その霜降り明星は、17年4月~9月に放送されていたバラエティ番組『新しい波24』(フジテレビ系)にレギュラー出演していたものの、若手芸人26組中の一組に過ぎませんでした。そこでの活躍を評価されたのか、17年10月30日から半年間放送された実験的なお笑い番組『AI-TV』(フジ系)ではメインキャストとしてレギュラー出演し、ここで知名度を上げたのです。逆に言えば昨年秋の時点ではまだ、知る人ぞ知る若手コンビという位置づけでしたね」(お笑い系ライター)

 そんな若手だった彼らの才能を見いだし、ツイッターでそのすごさをアピールしていた先輩芸人がいるという。それは芥川賞作家としても知られる、ピースの又吉直樹だというのだ。

 又吉は昨年10月24日付のツイートにて「ギンパツ!」というお笑いライブの開催を告知。同ライブは霜降り明星、卯月、四千頭身の3組が出演するもので、129席の小さな会場で行われたが、又吉は〈五年後、こんな凄い三組を観たというライブになる予感がしています。ぜひ。いや、二年後かも〉とつぶやいていたのである。

「3組のうち、トリオの卯月はこの8月に解散してしまいましたが、霜降り明星は見事、翌年のM-1グランプリで優勝。又吉の言う2年後どころか、わずか1年後に花開きました。しかも同ライブは彼らが出演していた『AI-TV』が始まる前の開催なので、まさに先見の明と言うのにふさわしいツイートです。そして平均年齢21歳の四千頭身も賞レースでの実績はないものの、すでに『ナカイの窓』(日本テレビ系)に出演を果たすなど、若手トリオのホープとして若者を中心に人気を博しています」(前出・お笑い系ライター)

 その又吉は月に2~3回しかツイートをせず、しかも若手芸人を褒めるようなツイートはほとんどない。その中で若手2組のブレイクを的中させたとは、芥川賞作家の慧眼、まさに恐るべしだろう。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すずに橋本環奈に及ばぬ「弱点」が?若手女優のバチバチ相関図を一挙公開!
2
“幻の”ローカル路線バス乗り継ぎの旅を再放送!太川陽介が音を上げた理由は!?
3
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?
4
中島健人&平野紫耀、「Premium Music」の“ワイプ芸”に上がった「酷評」
5
福田明日香の“手本”となった「あのアイドルグループ」のマッパ事件史!