芸能

これが芥川賞作家の洞察力!又吉直樹が霜降り明星のブレイクを予言していたッ

 12月2日に決勝戦が行われた「M-1グランプリ」にて、みごと優勝を果たしたお笑いコンビの「霜降り明星」。結成6年目で25歳&26歳という若いコンビの優勝に、お笑い新世代の台頭を予感したファンも多かったようだ。

「その霜降り明星は、17年4月~9月に放送されていたバラエティ番組『新しい波24』(フジテレビ系)にレギュラー出演していたものの、若手芸人26組中の一組に過ぎませんでした。そこでの活躍を評価されたのか、17年10月30日から半年間放送された実験的なお笑い番組『AI-TV』(フジ系)ではメインキャストとしてレギュラー出演し、ここで知名度を上げたのです。逆に言えば昨年秋の時点ではまだ、知る人ぞ知る若手コンビという位置づけでしたね」(お笑い系ライター)

 そんな若手だった彼らの才能を見いだし、ツイッターでそのすごさをアピールしていた先輩芸人がいるという。それは芥川賞作家としても知られる、ピースの又吉直樹だというのだ。

 又吉は昨年10月24日付のツイートにて「ギンパツ!」というお笑いライブの開催を告知。同ライブは霜降り明星、卯月、四千頭身の3組が出演するもので、129席の小さな会場で行われたが、又吉は〈五年後、こんな凄い三組を観たというライブになる予感がしています。ぜひ。いや、二年後かも〉とつぶやいていたのである。

「3組のうち、トリオの卯月はこの8月に解散してしまいましたが、霜降り明星は見事、翌年のM-1グランプリで優勝。又吉の言う2年後どころか、わずか1年後に花開きました。しかも同ライブは彼らが出演していた『AI-TV』が始まる前の開催なので、まさに先見の明と言うのにふさわしいツイートです。そして平均年齢21歳の四千頭身も賞レースでの実績はないものの、すでに『ナカイの窓』(日本テレビ系)に出演を果たすなど、若手トリオのホープとして若者を中心に人気を博しています」(前出・お笑い系ライター)

 その又吉は月に2~3回しかツイートをせず、しかも若手芸人を褒めるようなツイートはほとんどない。その中で若手2組のブレイクを的中させたとは、芥川賞作家の慧眼、まさに恐るべしだろう。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!
2
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
3
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
4
「ゴチ」新メンバー予想合戦の一方で広がる「引っ張り過ぎ!」飽き飽きの声
5
割れ目のドアップが?綾瀬はるか、「天国と地獄」で見せた“よつんばい”ポーズの衝撃!