芸能

Koki、「理想の女性は母」発言で出てしまった「言わないほうがよかった」の声

 二世タレントにありがちな回答だが、この人の場合に限ってはそれを言わないほうがよかった?

 木村拓哉と工藤静香夫妻の次女であるモデルのKoki,(「o」の上に「‐」)が、都内で行われた「BVLGARI AVRORA AWARDS 2018」のゴールデンカーペットセレモニーに登場したのは去る12月12日。同アワードは、多くの女性にインスピレーションを与える著名人を表彰するイベントで、女優の杏らが受賞している。Koki,はブルガリアンバサダーという立場でセレモニーに参加したが、どんな女性になりたいかという質問があり、その返答がニュースとして取り上げられ、話題となっているようだ。

 Koki,は「私は母のような女性になりたいと思います」と、母である工藤が理想の女性像であると説明。さらに「お母さんはいつも私のことをサポートしてくれていて、自分より私のことを考えていてくれて、すごく大好きです」と、その理由を語っている。モデルデビューを果たして約半年のKoki,とあって、まだこの業界についてわからないことも多い中、工藤のサポートが心の支えとなっているようだ。

 しかし、工藤が理想の女性というこの発言について、ネット上では「お母さんの好感度を考えれば、それは言わないほうがいいのでは…」「サポートって…まあ、親のコネでデビューできたもんね」など、批判的な声ばかりが目立っている。

「“両親”のような人になりたいというのは二世タレントにありがちな回答ですが、木村&工藤夫妻に関しては昨年12月発売の『週刊文春』の『嫌いな夫婦ランキング』で断トツの1位に輝くなど、その好感度はとにかく低い。それも工藤のイメージの悪さが大きく影響してのこと。

また、工藤は11日インスタグラムで、飛行機の一般乗客を非難する内容を投稿したところ、わざわざSNSで発信する内容ではないといった指摘が集まり炎上したばかりですから、なおさらでしょう」(エンタメ誌ライター)

 工藤にはKoki,が理想の女性に自分をあげていることを世間が納得できるような女性になれるように頑張ってほしいところだ。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
2
貴島明日香、みずから明かしファンを歓喜させた“安産型”下半身ライン!
3
石川佳純、「さらに美人になった」絶賛と注目浴びた“Cカップ・バスト進化”
4
「全裸監督2」情交シーン大全(2)元AKB女優が「3Pピストン」でバスト大揺れ
5
きゃりーぱみゅぱみゅ、ファンも騒然「顔変化」に飛び交う憶測