芸能

テレ朝の大みそかに濱口優の「無人島0円生活」が復活した切実事情!

 テレビ朝日が、大みそかの特番としてお笑いコンビ・よゐこの人気シリーズ「無人島0円生活」を放送することを発表したのは去る12月10日。同シリーズの年末特番は07年以来11年ぶりで、前回には11.8%の高視聴率をマークしていた。発表会見でよゐこの濱口優は、5月に入籍したばかりの南明奈が「『また?』って笑ってました」と明かしていたが、テレ朝には新婚の濱口を担ぎ出さずにはいられない切実な事情があるという。テレビ誌のライターが指摘する。

「大みそかの民放特番は『NHK紅白歌合戦』と『笑ってはいけない』(日本テレビ)が鉄板の二強で、他局にとっては3位争いの場。視聴率10%を稼げれば大成功です。テレ朝ではこのところ『くりぃむvs林修!超クイズサバイバー』を放送してきましたが、紅白の真裏となる“二部”の視聴率はここ3年で7.0%、5.8%、5.2%と右肩下がりに低下。特に昨年は、22時までの時間帯では『第50回年忘れにっぽんの歌』(テレビ東京)に抜かれてしまい、22時以降も同じテレ東のドラマ『孤独のグルメ』に肉薄されたのです。しかも今年はTBSが『SASUKE』の生放送という奥の手を繰り出すことがわかっていますから、“金属疲労”の著しい『クイズサバイバー』に見切りをつけざるを得なかったのでしょう」

 ただ、いくら「無人島0円生活」に実績があるとはいっても、大みそかでの放送は11年も前の話。日本にまだスマホがないころで、視聴率事情も現在とは大きく異なっているはずだ。その状況でテレビ朝日はなぜ、同シリーズに勝算を見いだしたのだろうか。

「狙いはズバリ、子供の取り込みでしょう。大みそかには子供が確実に在宅していますし、少子化で“子供ファースト”の傾向が高まった現在では、子供に見てもらえる番組作りが重要。その点、『無人島0円生活』は濱口の決めセリフである『とったどー!』が子供にも人気のフレーズですし、親としても多少の教育効果が見込める内容です。その子供狙いでテレ朝では『ドラえもん』を放送していた時期もありましたが、アニメだと遅い時間まで放送できないのが難点。そこをカバーする意味もあって、今回の『無人島0円生活』では初の年越し放送を行うのではないでしょうか」(前出・テレビ誌ライター)

 はたしてテレビ朝日の狙い通り、視聴率を「とったどー!」となるのだろうか。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
2
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
3
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
4
原監督が10年越しで“約束”を果たした「あのFA左腕」入団の裏側
5
太川陽介が「バス旅」で痛恨のミス連発!旅番組引退の危機も?