芸能

「ボヘミアン・ラプソディ」大ヒットでもクイーンものまね芸人が増えないワケ!

 伝説的ロックバンド「クイーン」のボーカリスト、フレディ・マーキュリーに焦点を当てた伝記映画の「ボヘミアン・ラプソディ」が大ヒットを続けている。劇中で流されるクイーンの名曲に合わせてシンガロングする“応援上映”も各地で行われており、もはやクイーンがちょっとした社会現象と化しているほどだ。

 その「クイーン」は、世界に先駆けて日本で人気に火が付き、アラフォー以上の世代を中心に膨大なファン層を誇っている。また映画で再現されるステージや楽曲が若い層にとっては斬新で、新たなファン層も開拓しているようだ。

 それほどまでに注目を集めれば、見た目も動きも特徴的なフレディをはじめ、クイーンのものまねに挑戦するものまね芸人も増えそうなもの。だが、実際には「フレディ芸人」はほとんど現れないというのだ。その理由を音楽ライターが指摘する。

「一つには、ミュージシャンのものまねは他の著名人とは異なり、おもしろおかしく表現する方向ではファンの反発を食らいがちなこと。長渕剛のようにアンチも多いミュージシャンならまだしも、クイーンのような大スターではパロディ化はむしろ逆効果です。そしてもう一つの理由として、フレディのものまね芸人にはすでに完成形が存在し、今から後追いしても二番煎じにしかならないということ。それはプロレスラー武藤敬司のものまねが神奈月の独壇場になっているのと同じことです。とにかく“スベリー・マーキュリー”のフレディ芸は必見ですね」

 そのスベリー・マーキュリーとは、吉本所属の芸人・スベリー杉田のことだ。5年前にフレディのものまねを始めた杉田はヒゲも自毛で整え、今ではフレディ一本で勝負。「ボヘミアン・ラプソディ」のヒットが人生最大の追い風となり、11月7日に東京・六本木で開催された同映画のジャパンプレミアでは出演者やダイアモンド・ユカイらと一緒にレッドカーペットにも登場した。12月7日には神奈川県小田原市での応援上映でゲストを務めたばかりで、まだまだ需要は増えそうな雰囲気だ。

 ただ杉田自身はウィキペディアにも名前が載っておらず、芸人としてはまだ無名に過ぎないのも事実。今なら芸達者なものまね芸人がみずからの知名度を活かし「フレディ芸人」の座を奪うこともできそうなものだ。しかしそんなもくろみには芸能界の一部から大反発が生まれるのは必至だという。音楽ライターが続ける。

「一般的な知名度こそ低い杉田ですが、女性アイドル分野ではかなり認知度が高い。それは彼が、アイドル界を代表するフェスイベントの『@JAM(アットジャム)』シリーズで、マスコットキャラ的な存在を務めているからなんです。それゆえファンはもちろん、多くの女性アイドルが『フレディ芸人=スベリー杉田』という認識を抱いており、第二のフレディ芸人が現れたところで二番煎じとしか思わないでしょうね。それゆえ彼に対しては今、アイドル業界からも大きな声援が寄せられています。それこそDA PUMPの『U.S.A.』がモーニング娘。のヲタから火が付いたように、アイドルファンからの支持を得られるのは彼にとって大きな力となっていることでしょう」

 名前こそ“スベリー”だが、ことフレディのものまねに関してはスベり知らずで、モノマネ界のクイーン(キング?)でいられるようだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    提供:一般社団法人ブックスサイエンス「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
麿赤兒 次男・大森南朋が「お父さんの職業を描きなさい」と言われて描いた絵とは?
2
土屋太鳳、久々公開バストショットの「圧倒的ボリューム感」に驚愕の声続々!
3
蛍原も興奮!納言・薄幸“隠れ爆裂バスト”と“やさぐれキャラ”の大ギャップ
4
北川景子、出産報告への祝福裏で指摘された「残酷な現実」とは?
5
夏菜、こんもりGバストが“みごとに盛り上がった”「両手を頭乗せ」苦悩姿!