スポーツ

紀平梨花「浅田真央超え」驚異のボディを全解剖(2)浅田との共通点は“美人姉妹”

 とかく、浅田と比較される紀平だが、意外な共通点も多い。フィギュア関係者の証言によれば、

「フィギュアスケートを始めたキッカケが、浅田は5歳の時に友達に誘われて姉の舞(30)と一緒にスケートを滑ってから。紀平も本格的に始めたのは、5歳の時に神戸ポートアイランドSCのスケート教室に、4歳上の姉・萌絵(20)と参加してからです」

 実は、両者ともに美人姉妹なことも話題となっている。推定Gカップを武器に舞がグラビアで活躍する中、萌絵もダンサーとして活動の幅を広げている。気になる姉妹の仲は──。

「浅田姉妹の場合は、お互い競技者の時は不仲で知られ、真央がシニアで頭角を現して舞の成績を抜いた頃には、家の中でも顔を合わせず、口もきかないほどでした。紀平姉妹は萌絵がダンスの道に進んだこともあって、休日には映画を観たりショッピングをしたりして、友達みたいに仲よしです」(フィギュア関係者)

 紀平が女子フィギュアスケート界の主役に躍り出るということは、とりも直さず、4年後の北京五輪に向けて新しい時代に突入することを意味する。折山氏はこう予測する。

「16歳で3Aを武器にしてシニアで優勝した意味は大きく、これから世界で勝つための傾向を示す形になりました。女子フィギュアスケートはトリノ五輪の頃から、演技内容はほとんど変わっていません。ノーミスでの戦いが求められていましたが、今後は3Aに挑戦する選手も出てくるだろうし、そういう意味で、紀平選手の活躍は進化の火蓋を開けたのです」

 これからは4回転に挑戦する選手もバンバン出てくるという。

 一方で、渡部氏は、

「すでにロシアのジュニア勢にはトルソワ(14)やシェルバコワ(14)など、4回転を跳ぶ選手がいます。現段階では、勝つために4回転が必要ではないので、あえて挑戦することはありませんが、北京五輪までに4回転が主流になっていれば、紀平選手も確実に習得しておく必要が出てきます」

 紀平はこれまでジュニア時代には練習で4回転サルコウを跳び、今夏の合宿でも4回転トウループの練習を続けていた。それでも4回転を入れると演技全体のバランスが崩れるため、あえて見送っていたのだ。

 今後、紀平はいつ新たな武器を「解禁」するのか。12月21日に開幕する全日本フィギュアスケート選手権での凱旋勇姿が楽しみである。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
水着がズレて中が「全見え」!グラビア界の新生・寺本莉緒の「事故映像」が“お宝”になるワケ
2
千眼美子が最新映画で“萌えコスプレ”を披露!似合いすぎと大絶賛
3
主婦は猛反発!?石田ゆり子“食料買い占め”苦言は「仕事に支障」ギリギリの線か
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
服から胸がこぼれる!石川秀美の娘・薬丸玲美の極大バスト写真がスゴすぎッ