スポーツ

「有馬記念2018」3連単必中座談会(2)牝馬モズカッチャンの「勝負根性」が狙い目!

渡辺 レイデオロは、テイエムオペラオーを彷彿させる強さで、馬券の軸として最適だと思ってるんですけど、水戸さんの評価は?

水戸 穴党として本命にしづらいが、おそらくこの馬がいちばん強いだろう。末脚がしっかりしていて、デビュー間もない頃、藤沢和調教師に「この馬がダービーを獲るのでは」と言ったら、マジにうなずいていたぐらいで、それが現実になった。秋3戦目というローテーションもいい。

内海 そもそも詰めて使えない馬で、藤沢師は「ジャパンCをパスしたのはプラス」と話していました。ただ、キンカメ産駒は、中山のGIだと最後、微妙に甘くなる印象が‥‥。

渡辺 そこを差してくる馬がいると?

内海 う~ん、それがどの馬なのか、悩んでる‥‥。

渡辺 水戸さんの本命は、決まってるんですか?

水戸 キャプテンの言う強い4歳世代の中でも、牝馬のモズカッチャンだ。切れる脚はないんだけど、とにかくしぶとい。これだけ勝負根性がある牝馬は珍しいんだよ。母系はゴールドティアラなどがいる北米屈指の名血で、舞台が中山に替わるのも間違いなくいい。叩き3戦目で、距離もピッタリ。仮に道悪になったとしても、なんとか頑張れるんじゃないかな。

内海 強さは認めても、以前より前進気勢がなくなったような気がします。それに中山の2500メートルがドンピシャだとは思えない。

渡辺 そうですか。僕は3着候補の筆頭です。むしろ3連単はこれしか買わないかもしれません(笑)。1番人気を背負った前走・エリザベス女王杯の3着で人気が落ちるようなら、配当的にもオイシイですし。

水戸 残る4歳勢となると、クリンチャーミッキースワローか。クリンチャーは、海外遠征後の調子がどうなんだろう。

渡辺 大逃げしてくれるんなら買いたいですけど、凱旋門賞の17着から巻き返すイメージは‥‥。

内海 ミッキースワローのほうは気になりますね。実は今日、(横山)典さんに「今までと比べて、ガツンとよくなってるんじゃないですか?」って、カマかけて聞いてみたんです。そうしたら「別に今までと変わらないよ」って(苦笑)。

渡辺 ハハハハ。

水戸 内海よ、食い込みが足りないんだよ(笑)。

内海 典さんからは「俺よりも厩舎のほうに聞いて」とも言われたんですけど、現時点での本命にします。中山のセントライト記念を勝った時の脚は、相当切れていましたからね。

水戸 祖母のツィンクルブライドは桜花賞2着馬で、近親にGI馬がいる血統馬だからな。軽く見るわけにはいかないだろう。

内海 ある程度ポジションを取れる馬ですし、流れに乗った時、最後の坂越えで何かあるとしたら、この馬かと。キャプテン師匠の言う「強い4歳馬」の中に入っているかどうかは、わかりませんが(笑)。

渡辺 内海さん、この馬は穴党がこぞって狙う馬ですよ。だって、他に穴馬らしい穴馬がいないですもん。でもこれ、残念ながらこないパターンです。「平成最後の罠」です。

内海 ハハハ、罠か(笑)。

渡辺 はい、間違いなく、罠です(笑)。

<座談会メンバー>

水戸正晴 サンケイスポーツ記者。競馬記者歴は40年。穴党にファンが多く、愛称は「水戸万助」。週刊アサヒ芸能で連載「『絶対万券』論」を執筆中。

キャプテン渡辺 ピン芸人。テレビ東京「ウイニング競馬」に出演中。競馬歴は23年。11年の有馬記念で180万円の払い戻しを受けるなど、穴党の勝負師。

内海裕介 今春、夕刊フジからサンケイスポーツに移籍。その直後の皐月賞で3連単37万円馬券をヒットさせた今期絶好調の“自称”GIハンター。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「モヤさま」で放送事故寸前!?田中瞳の股奥披露に垣間見える“したたかさ”
2
胸の先端がピンコ立ち!映画「人間失格」で「マッパになった」大物女優とは
3
三原じゅん子 恥を知れ!大臣になれない芸能過去(1)芸能人好きの総理にすり寄り
4
人気女子アナ「ナニコレ“チン”百景」を大放出(2)岡副麻希の番組衣裳が…
5
永野芽郁、「金髪姿」披露にあがった“まさかのショックな指摘”とは?