スポーツ

ミスター復活の原動力は「原“全権”監督を見返す」だった!(1)二度にわたる「死亡説」流布

 やはり不死鳥なのだろう。ミスターは退院と早々の現場復帰に向け、周囲を驚かせるほどのハイペースでリハビリに力を注いでいるという。そして、それは終身名誉監督として、「巨人軍の顔」を守り抜く執念さえも感じさせるというのだ。

 ミスターこと長嶋茂雄終身名誉監督(82)は胆石の治療のため、7月から東京都内の病院に入院中。当初は18年11月10日に出身地・千葉県佐倉市で行われた「長嶋茂雄少年野球教室」で参加者の子供たちを直接指導することを予定していたが、結局、かなわなかった。しかも、その直前の10月にはメディアの間で二度にわたる「死亡説」まで駆け巡り、入院中の都内の病院前に大勢の報道陣が集まる騒ぎに発展したことも。これら“大誤報”の背景について、スポーツ紙デスクはこう打ち明ける。

「『死亡説』は、どちらも完全なガセでした。一度目は大手通信社の東京本社が不測の事態に備えて予定稿を作成し、そもそも各地方支局にマル秘扱いで仮配信したことが発端。いったいどういう経緯でそのようになったのか‥‥。尾ひれが付く形で外部に漏れ伝わってしまい『ミスターが危ないらしい』と解釈されて、バーッと広まってしまった。二度目は日本シリーズ開幕直前に球界有力OBや関係者の間で『ミスターはすでに亡くなっており、日本シリーズ終了後に正式発表となるらしい』と、まことしやかにささやかれたこと。これも根も葉もない話で、メディアの担当記者は10月、長嶋氏の安否確認に振り回されっぱなしでした」

 その後も「リハビリに苦慮し、食事もノドを通らず激痩せしている」との噂が飛び交うなど、信憑性の低い怪情報にメディアは右往左往していた。

 こうした流れに歯止めをかける格好となったのが、11月23日に都内のホテルで開催された「名球会フェスティバル2018 前夜祭」での出来事。セガサミーホールディングス代表取締役会長でグループCEOの里見治氏が、名球会総会を欠席した長嶋氏について「少なくとも年内には1回退院してご自宅に戻ると聞いている」と発言したからだ。

 さらに12月1日、都内のホテルで催された「読売巨人軍OB会総会」でも、巨人・山口寿一オーナーが「順調にいけば、年内に退院ということになると伺っております」と言い切った。年内退院がガゼン、現実味を帯びてきたのである。

 長嶋氏本人の闘魂もメラメラと燃え上がっているようだ。球界関係者が話す。

「入院期間が当初の予定よりも長引いているのは、80歳を超えている体に極力負担をかけないよう、胆石を取る手術に時間をかけ、レーザー照射を少しずつ行っているからだといいます。それでも食欲はかなり旺盛で、用意された食事もぺロリと平らげてしまうほどだそうです」

「顔色もよく、入院前と体重もそれほど変わらないようだ」との証言も聞こえ、リハビリもバリバリこなしているという。長嶋氏に近い関係者がこう証言する。

「あまりにミスターのペースがすごいので、病院側の理学療法士が『もう十分なので、これ以上は無理なさらないでください』とストップをかけることもあるそうです」

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!
2
「東京五輪までに逮捕される」ヤバイ芸能人リスト(2)売れっ子俳優Tにまつわる物騒な目撃情報
3
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!
4
“チクポチ”まで披露!?森香澄「胸揺れダンス」の過激化が止まらない!
5
ついに「旅バラ」終了!ホントの原因は太川陽介か蛭子能収か?