芸能

嵐・二宮が2年連続首位!「年末年始テレビに出ずっぱり」番付の意外な面々は?

 テレビ番組とCMのリサーチを行う株式会社エム・データによる「2018~2019年の年末年始TV番組出演者ランキング」が1月8日、発表された。

 それによると嵐・二宮和也とバイきんぐの小峠英二がともに「22番組出演」でトップ。2人は昨年の同ランキングから引き続いての1位だった。

 嵐メンバーでは、相葉雅紀、大野智、櫻井翔が21番組で3位、その次に、松本潤が20番組で6位にランクインした。ジャニタレの中で嵐はダントツの人気である。そして、TOKIOの国分太一が12番組で20位にランクイン。昨年は17番組出演で10位だっただけに、大きく後退した形だ。山口達也元メンバーの不祥事がなければ、もっと上位に食い込めたに違いない。

「このランキングは、昨年12月28日から1月3日に放送された東京キー局のテレビ番組(Eテレは除く)に出演したタレントが対象です。必然的に昨年の18年にブレイクしたタレントが引っ張りだこになる。ちなみに、前年、すなわち17年12月28日から18年1月3日までのランキングを見ると、初登場ではブルゾンちえみ、ガンバレルーヤ、尼神インター、にゃんこスターと、いわゆる一発屋も含めてのお笑い芸人が多いですね。このうち、ブルゾンや、ガンバレルーヤのまひるが順位を下げていますが今年もランク入りしていて、尼神インター、にゃんこスターは圏外。前年8位に入っていたサンシャイン池崎もアッという間に飽きられ、今回は消えてしまった。また、前年初登場した加藤一二三氏は、今年1月3日放送の『VS嵐』(フジテレビ系)のトランプ勝負『BABA嵐』に出演。顔のアップが多かったことから、トレードマークの鼻毛がドアップとなり、『不快』と大ひんしゅくを買っていました。来年はランキング入りはなさそうですね」(芸能ライター)

 代わりに今年、モテモテだったのが、野性爆弾のくっきー(10位、17番組)とチョコレートプラネット(20位、12番組)。くっきーは白塗りでの顔マネ、チョコプラはIKKOと和泉元彌の物まねがバカ受け、大いにお座敷を増やした。

 女性タレントでトップは、14番組出演の滝沢カレンと友近で、ともに13位。滝沢は昨年のブレイク組で26位からの大躍進、唯一生き残った。友近は46位からの急上昇。舞台で座長公演を成功させる実力もあり、人気は盤石だ。

 ともあれ、二宮が噂のお相手、伊藤綾子と結婚したら、人気ダウンは必至。ふたたび年末年始の人気者になれるかどうかは、恋の行く末次第となるようだ。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田翼が隠したい「下積み仕事」を全放出(1)清純派がやらない役が多かった
2
指原莉乃が語った「悩み」が物語るAKBグループ卒業後「大ブレイク」の予感!
3
今そこにある芸能界の闇営業(1)札束飛び交う中国人富豪のグラドル“爆買い”
4
今そこにある芸能界の闇営業(2)グラドルが実力者に頼らざるを得ない現実
5
「好きなの選んで」!中居正広、「ナカイの窓」最終回ロケで大盤振る舞いの理由