女子アナ

各局女子アナ「艶」出世争い(2)“帝国”フジ復活の鍵を握るポスト加藤綾子

 かつて女子アナブームを巻き起こし、常に業界をリードしてきたフジテレビだが、加藤綾子以降、ホンモノのスターを育成できていない。だが、女子アナウオッチャー・たなか是政氏は、「それぞれの素材は確かだけに、きっかけ一つでブレイクしそうな女子アナがたくさんいます」と、特に注目の2人の名前をあげてくれた。

「15年入社の宮司愛海アナと、16年入社の堤礼実アナの2人です。宮司は昨年4月から夜のスポーツ番組『S-PARK』の担当になり、男性視聴者の間で顔と名前が一致するようになった。ショートカットによって“素材のよさ”が引き立ち、その美貌にも注目が集まっています。19年のフジの女子アナカレンダーでは、夕暮れの住宅街でTシャツ姿の宮司アナがヨーヨーを手に小悪魔的な表情を見せてくれていますが、スレンダーに見えてTシャツを盛り上げる胸元がなかなか立派だと、そのボディにも熱い視線が注がれ始めていますね」(たなか氏)

 一方の堤アナは、“1月9日”をきっかけに注目度が急激に増しているという。

「お天気キャスター・阿部華也子の代打で『めざましテレビ』に登場し、寒風の中でふわふわのマフラーを巻いてお天気レポートをした姿が《かわいすぎる!》と大好評で、ファンを急増させているんです。入社当時からポスト・カトパンと期待されながら個性を発揮できず、後輩の久慈暁子アナの後塵を拝するかたちとなっていましたが、久慈アナが失速気味だけに逆転も十分ありえそうです」(たなか氏)

 フジでは他に、鈴木唯アナ、海老原優香アナも存在感を増しつつある。久慈アナも含め横一線の中から誰が最初に飛び出すか。女子アナ帝国復活のカギは、そこにありそうだ。

(露口正義)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
2
稲村亜美がガニ股で躍動!ゴルフ動画の“下半身パックリ見え”にファン「感激」
3
本田翼のTシャツバストショットが艶すぎる!“サイズアップ説を裏付ける”1枚
4
綾瀬はるかVS高畑充希 ドラマに映せない「恥ずかしい癖」合戦(1)綾瀬のバストの存在感がすごすぎて…
5
年越し事件ファイル「全員、OUT!」(1)松本人志がボツにした「渡部建トイレ前コント」の収録現場