芸能

「NHK女子アナ黄金時代」を支える色香白書(3)スポーツ担当「杉浦友紀と副島萌生」の共通点

 報道番組と並ぶNHK女子アナの晴れ舞台といえば、「スポーツニュース」の担当だろう。中でも見事なボディを持つスポーツアナとして人気が高かった杉浦友紀アナ(35)から、入社4年目の副島萌生アナ(27)が担当を引き継ぎ、世代交代が実現。ところが、この人事を巡って、にわかに局内が慌ただしい事態となったのだ。

「実は副島アナも、杉浦アナの後継者にふさわしいボディの持ち主。杉浦アナのずっしりしたボリューム感に対し、副島アナはサイズの小さなシャツを着たらボタンを飛ばしてしまいそうなロケットのような豊満バスト。局内でも『スポーツニュースの編成担当者は巨乳好きに違いない』と笑い話になるほどです(笑)」(NHK関係者)

 来年の東京五輪を前に、丸山氏も副島アナに期待を寄せる。

「まだまだ原稿読みもうまくないですが、癒やし系キャラとボディラインがすばらしい。『サタデースポーツ』などでも横乳ショットを連発し、特にタイトな衣装の時の迫力は圧巻です。五輪が近づけば、さまざまなスポーツの体験レポートでセクシーショットを披露してくれるのではないでしょうか」

 番組内でも、野球の投球ポーズをしてみたりと、なにかと「動き」を見せる副島アナ。そこでバストが揺れたり強調されたりすることも多く、スポーツファンの間では試合の結果よりも見逃せない本末転倒の事態を招いているという。

 スポーツニュースの第一線から退いた格好の杉浦アナだが、そこにはこんな裏話が。

「局としての方針もあるが、一番は本人の希望だと聞いている。これからは情報バラエティーのMCや単発のスポーツイベントなどで活動していくつもりだとか。15年に結婚したことも関係しているんじゃないか」(NHK幹部社員)

 つまり、「妊活」にも今後挑戦したい意向のようなのだ。しかし、バラエティーに場所を移してもあふれ出るフェロモンはますます増えるばかりなのだ。

「ネットで話題になったNHKのプログラムをプレイバックするバラエティー番組『NET BUZZ』ではセットから身を乗り出してしゃべるのが定番の演出で、バストラインが強調される場面が頻出します。ミニスカのセーラー服とルーズソックスの高校生時代の写真もさらされたりと、今までにない杉浦アナの魅力が発見できますよ」(丸山氏)

 新旧スポーツアナのエロス対決は「延長戦」に突入するようである。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
3
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
4
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題
5
投資額が10分の1になる「愚の骨頂」…専門家が重大警告「国が後押しする新NISAは地雷だらけ」