芸能

博多大吉、相方・華丸の主演映画の宣伝でかいた「思わぬ赤っ恥」とは?

 お笑いコンビの博多華丸・大吉の博多大吉が、映画のキャンペーンで札幌へ単身乗り込んだ先で思いもよらぬ反応に遭遇。耳まで真っ赤になる経験をしたという。その映画は相方の博多華丸が主演する「めんたいぴりり」。辛子明太子を福岡県民のソウルフードにした生みの親をモデルに描いた、笑いあり涙ありの人情喜劇だ。

「1月23日放送の『たまむすび』(TBSラジオ)で、水曜レギュラーの大吉が札幌でのエピソードを明かしたんです。大吉は映画の中では『スケトウダラの妖精』を女装して熱演。華丸ら他の出演者が名古屋など地方キャンペーンで出払っていたため、急きょ単身、北海道に出かけたらしい。ところが、つめかけた北海道民から『映画はおもしろかったけど、一個だけ気になるところがある』との声があがった。それは、北海道では、『スケトウダラ』でなく、『スケソウダラ』と呼んでいて、『スケトウダラ』と映画で発音されるたび、『そこが残念だった』と言われたそうです」(芸能ライター)

 大吉の話を聞いていた「たまむすび」パーソナリティーのフリーアナの赤江珠緒は、大爆笑。「耳真っ赤にして帰ってきましたよ」と続けた大吉は、「ピンポイントで怒られた」としょげ返っていた。

「魚が場所によって呼び名が変わるのは、よくある話。スケトウダラも『スケソウダラ』と、呼ばれるほか、新潟県では『スケトウ』『ナツトオダラ』『ヨイダラ』、富山では、『キジダ』『キダラ』『シラミダラ』、島根では『スケドオ』などとも呼ばれているそうです。全国ロードショーですから今後各地で違和感を抱く観客が少なからず出るかも」(スポーツ紙記者)

 映画は博多版「三丁目の夕日」と呼ばれるほど好評だとか。意外なツッコミポイントも逆に宣伝になった!?

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
2
太川陽介のバス旅、あのマドンナが「ヒップ躍動」魅せ!新たな見どころになるか
3
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
4
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
5
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性