エンタメ

売り場オーナーが「宝くじ“秘”舞台裏」を全部バラす(2)派遣店員のギャラは1日2万円以上

 宝くじは全国の地方自治体が総務大臣の許可を得て発売元となり、みずほ銀行などに発売などの事務を委託している。

「みずほ銀行も売り上げアップのために新しい買い方だけでなく、新CMを展開したり、売り場の支援も打ち出してはいます。でも、大名商売ですよね。年末ジャンボの発売前にも、2時間ほどの講習会がありました。全国各地で売り場の責任者が一堂に会し、全国の会場を中継で結んで行うイベントです。『皆様の笑顔で成功させましょう』と、宝くじ関連のビデオを見せられたり、『今年はCMに役所広司さんを起用します!』という発表などです」

 さらに「派遣店員の斡旋まであって、ビックリしました」と明かす。

「1人当たり1日2万円以上もかかる。いくら若い美人の派遣店員で、マイクパフォーマンスや旗振りを冬空の下でやってくれるとはいえ、高額ですよ。売り場に立てるのぼりも1本2000円近くで購入しているわけですから、派遣店員なんて‥‥。出席者の多くがアゼンとしていました」

 ただ、売り場にとって、販売店員の確保は悩みのタネの一つ。対面販売の宝くじは、売り買いが手渡し作業で、神経をすり減らしてしまうからだ。

「購入後の返却は受け付けられないので、その場でしっかりと確認作業をしないといけません。レシートがありませんから、ミニかプチか、連番かバラか、枚数は間違っていないかなど、一つ一つ確認をしながら売る。商品のバーコードをサッと読み取り、お釣りが正確に出てきて、レシートも発行される一般のレジ打ちとはまったく異なり、人材の確保が大変なんです」

 そうした負担を軽減するため、地域によっては今夏「POSシステム」を導入する動きも浮上している。

「でも工事費や機材の高額なレンタル料がかかるため、その費用の捻出に頭を抱えているという話を聞きます。なんせ赤字続きですからね。売り場の改善も課題ですが、私としては、新しい宝くじの発売も企画してほしいです。年末ジャンボの際、年配の方々から『10億円なんていらない。1億円でいいから、当せん本数を増やしてほしい』という声がものすごく多かった。『1枚100円で1億円』なんて、どうでしょうか」

 はたして、そうした宝くじの発売は可能なのだろうか。宝くじアドバイザーの長利正弘氏が話す。

「1等の当せん金は、単価の250万倍まで可能ですから、『1枚100円で1億円』というのは、いい案だと思いますよ。あと私は、若い世代が興味を引くような『年金型宝くじ』がおもしろいと思っています。賞金を一度にもらうのではなく、例えば米国では『毎年約290万円』、カナダでは『毎週約8万円』を、それぞれ生涯もらえるというものです。日本で発売するのには課題もありますが、海外ではすでに行われています」

 ファンが喜ぶ宝くじが登場し、売り場も潤う日が来るのだろうか。みずほ銀行の次の一手が待たれる。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
プロ野球 セパ「12球団の一平ちゃん」を暴く!(3)佐々木朗希「成績度外視メジャー入り」密約で総スカン
5
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す