芸能

“カジサック”梶原、「宇野常寛には開き直り後輩芸人にはへつらう」ワケとは?

 YouTuberのカジサックとして活動しているお笑いコンビ・キングコングの梶原雄太が2月4日、ツイッターに謝罪コメントを発表した。梶原はこの日、「【ドッキリ】激レアスニーカー100足が…」と題する動画を公開。その内容がいじめ同然だとして批判が殺到し、すぐさま火消しに動いたのである。

 今回の動画で梶原は、後輩芸人のヤスタケが大切にしているスニーカーコレクションをターゲットに、スニッカーズと入れ替えたり、保管されているスニーカーを勝手に履くといった暴挙を「ドッキリ」と称して放送。動画ではヤスタケが怒り心頭となっており、視聴者からの批判が殺到したのも無理もないところだ。

「今回のドッキリでは『大事なものを隠すのはイジメと同じ』との指摘が数多く寄せられました。その梶原は、つい2日前にも“イジメ”で炎上したばかり。2月2日のホリエモン万博にゲスト出演した梶原は、共演した評論家の宇野常寛氏に対してイジメ同様の暴言を連発し、堪忍袋の緒が切れた宇野氏が『お前には軽蔑しか感じない』と告げて会場を後にしていたのです。ところが梶原は『芸人として当たり前のことをしただけ』と、宇野氏への謝罪を拒否。このように身内のヤスタケには謝罪し、関係の薄い宇野氏に対しては開き直るという“二枚舌”に非難が集まるのは当然でしょう」(芸能記者)

 だが梶原が宇野氏への暴言を「芸人として当たり前」と言い張るのであれば、ヤスタケ相手のドッキリ動画でも謝罪をする必要はないはずだ。しかし梶原にはあえて謝罪の姿勢を見せる理由があるのだという。

「梶原が最も恐れているのは、ユーチューブのアカウントを凍結されてしまうこと。規約には嫌がらせ的な動画の投稿は許可されないと明記されており、もし梶原のドッキリ動画に“イジメ”との通報が続出すれば、凍結に至る恐れは十分にあります。そうなると登録者が70万人に達し、目標の100万人に近づいてきた努力が水の泡となりかねません。それを避けるためにもヤスタケに新しいスニーカーをプレゼントする動画も公開し、謝罪の姿勢を強調する必要があったのです。このようにYouTuberとしての保身が目的であることが透けて見えるため、今後も梶原への批判はなかなか収まらないかもしれません」(前出・芸能記者)

 いずれにせよ梶原を巡っては、相手の嫌がる行動や言動でしか笑いが取れないという底の浅さが露呈したようである。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
テレ東・角谷暁子、必死に隠したけど…放送事故級“見えちゃった”大事な部分
2
「豊洲市場を出禁」報道の渡部建、現場の社員から返ってきた意外な答えとは?
3
華原朋美、ますますド迫力のカラダつき…披露した“騎乗”映像の「圧巻」!
4
中川翔子のニットがパンパン!ダイエット成功でもバストはデビュー当時以上?
5
フジ渡邊渚、「柔らかそう!」絶賛の“Gバスト”爆揺れダンス生披露