芸能

“カジサック”梶原、「宇野常寛には開き直り後輩芸人にはへつらう」ワケとは?

 YouTuberのカジサックとして活動しているお笑いコンビ・キングコングの梶原雄太が2月4日、ツイッターに謝罪コメントを発表した。梶原はこの日、「【ドッキリ】激レアスニーカー100足が…」と題する動画を公開。その内容がいじめ同然だとして批判が殺到し、すぐさま火消しに動いたのである。

 今回の動画で梶原は、後輩芸人のヤスタケが大切にしているスニーカーコレクションをターゲットに、スニッカーズと入れ替えたり、保管されているスニーカーを勝手に履くといった暴挙を「ドッキリ」と称して放送。動画ではヤスタケが怒り心頭となっており、視聴者からの批判が殺到したのも無理もないところだ。

「今回のドッキリでは『大事なものを隠すのはイジメと同じ』との指摘が数多く寄せられました。その梶原は、つい2日前にも“イジメ”で炎上したばかり。2月2日のホリエモン万博にゲスト出演した梶原は、共演した評論家の宇野常寛氏に対してイジメ同様の暴言を連発し、堪忍袋の緒が切れた宇野氏が『お前には軽蔑しか感じない』と告げて会場を後にしていたのです。ところが梶原は『芸人として当たり前のことをしただけ』と、宇野氏への謝罪を拒否。このように身内のヤスタケには謝罪し、関係の薄い宇野氏に対しては開き直るという“二枚舌”に非難が集まるのは当然でしょう」(芸能記者)

 だが梶原が宇野氏への暴言を「芸人として当たり前」と言い張るのであれば、ヤスタケ相手のドッキリ動画でも謝罪をする必要はないはずだ。しかし梶原にはあえて謝罪の姿勢を見せる理由があるのだという。

「梶原が最も恐れているのは、ユーチューブのアカウントを凍結されてしまうこと。規約には嫌がらせ的な動画の投稿は許可されないと明記されており、もし梶原のドッキリ動画に“イジメ”との通報が続出すれば、凍結に至る恐れは十分にあります。そうなると登録者が70万人に達し、目標の100万人に近づいてきた努力が水の泡となりかねません。それを避けるためにもヤスタケに新しいスニーカーをプレゼントする動画も公開し、謝罪の姿勢を強調する必要があったのです。このようにYouTuberとしての保身が目的であることが透けて見えるため、今後も梶原への批判はなかなか収まらないかもしれません」(前出・芸能記者)

 いずれにせよ梶原を巡っては、相手の嫌がる行動や言動でしか笑いが取れないという底の浅さが露呈したようである。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
胸の膨らみが気になる?乃木坂46生田絵梨花、「全力TT兄弟」動画も絶賛の嵐
2
有安杏果、精神科医との交際発表で噴出する「芸能界全体を敵に回す」危惧!
3
菅田将暉「3年A組」はいきなりの最終回ネタバレで視聴者の獲得に成功!?
4
視聴率低迷「いだてん」を救うサプライズ出演者は“のん”でなくアノ女優!?
5
木梨憲武、四半世紀ぶりの「とんねるずライブ」“本格始動”をノリノリ報告中!